So-net無料ブログ作成

何でも屋さんの役どころ [その他]

 生徒指導加配という立場になり、昨年は何をどうしていいのかわからない状態でしたが、最近、困っていることの中で、自分のやれることを探してやるという姿勢でいます。
そのやれることを見つけるためにやっていることがあります。

 それは首をつっこむということです。

 何か、子どものことについての話が聞こえたら、首をつっこむことにしています。
 だいたいそんなときは、困っていることが多いものです。そんなことについて、聞いて、メモします。メモしていると、先生も安心するようです。そして、僕のできそうなことがあれば、やることにしています。

 最近は、学校へ行き渋りのお子さんの対応が多くなってきました。そろそろそういう時期です。そういう教室へは、その子の顔を見るためによく顔を出すようにしています。
 また、教室へ入らないでうろうろしているお子さんの対応も多いです。

 今日は、「窓の外に小鳥が死んでいるのでどうしよう」って言っている先生がいたので、その対応をしました。
 何でも屋さんのようですが、そういう役どころかなと思って、積極的に意識して動くようにしています。

 いくつお役に立てたかな?という意識で動くと、次第に楽しくなってきました。
 何をするにしても、考え方次第です。
 やらされるのではなく、積極的に意識して動いていきたいです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校