So-net無料ブログ作成

はじめに行動ありき [その他]

 学校の行事や合唱団を含め、いろんなことをやる上で一番難しいのは、やる気を高めることだと思います。
 いかに自分からやろうという気になるか。まずそこが大切だと思います。自分からやろうという気持ちは、コップが上を向いているのと似ています。

 しかし、やる気があるだけでもだめです。今度はその気持ちを、行動に結び付けていくことが大切になってきます。
 上を向いているコップに、行動という水を注いでいく必要があるのです。いつかそのコップがあふれんばかりの水でいっぱいになることを夢見て。

 今日、高校受験をひかえているあるお母さんと、そんな話になりました。せっぱ詰まった状態なのに、勉強をあまりしない。
 僕も自分の経験上、その子の気持ちはよくわかります。でも、気持ちだけではだめです。
 とにかく、はじめに行動ありき!!なのです。

 それは、高校受験だけに限らず、いろんなことに言えると思います。
 やる気を持って自分から行動すること。それが奇跡を生みます。

 今オリンピックで活躍している選手たちは、とにかく行動(練習)を積み重ねた結果だと思います。
 人からやらされる練習ではなく、夢に向かって、自分から進んで行なう練習は、質が違ってきます。入る水の量が違ってきます。苦しい練習に楽しささえ感じます。その積み重ねが奇跡を生むのです。

  でも、長い期間の間には低迷期もやってきます。原因は様々でしょう。

 夢は叶わないのではないかという迷い。
 夢を忘れてしまう。
 短調なその繰り返しに飽きてしまう。 
 周りの空気に合わせてしまう等など。

 人間だから、こういう思いを持つのは当たり前のことです。その時をいかに過ごし、行動を積み重ねていくか。水を注ぎ続けていくかが大切です。

 それを乗り越えるには・・・

 まずは夢があること。
 次に、謙虚であること。
 最後に、感謝の気持ちを持つこと

が大きな突破口だと思います。

 そうやって低迷期を乗り越えることで、心の幅は大きくなっていき、プレッシャーに対しても強い自分に成長していくのだと思います。
 
 更に究極の解決法は、行動を習慣にしてしまうことです。迷う前に、習慣として体が動いている状態にまでしてしまうこと。

 今日は、そんなことを考えた一日でした。

 長い期間にはいろんなことがあります。調子の良い時。そして低迷期の時。せっぱ詰まっているのに、その気にならないとき等。
 そんな時のヒントになればと思い、今日の記事をかいてみました。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校