So-net無料ブログ作成

ソチオリンピックが教えてくれること [幸せに生きる]

 今、ソチオリンピックが開幕しています。
日々、目が離せません。と言っても、見てる時間がないので、NHKオンデマンドで、「全力応援!!ソチオリンピック」という番組で、ダイジェストで日本勢の活躍を見ています。

 日々、感動があります。

 10代のスノーボーダーのスノーボードハーフパイプ男子で銀の平野歩夢選手と銅の平岡卓選手、ノルディック複合NHで銀の渡部暁斗選手。そして今日はフィギュアスケートの羽生結弦選手の金に胸が熱くなりました。

 オリンピックと言う舞台で結果を出すことは、大変なことだと思います。あのような緊張とプレッシャーの中でそれなりの結果を出すには、普段の積み重ねが大切だと思います。
 オリンピックと言うのは、4年という長いスパンです。この一日一日を積み重ねていくことは、想像を絶するものがあると思います。

 練習だけでなく、ケガとの戦いもあるでしょう。ギリギリのところで競っているわけです。限界に近いことから、体調管理も大切なことだと思います。

 更に、勢いというものも、今回の大会では感じました。確実な練習+メンタルな部分をいかに高く持っていくか。

 

 今回のオリンピックは、大舞台の中、どんな選手が勝てるのかという視点で見ています。

 地道な積み重ねが自信を生むと思います。
 体調管理も含みます。
 勝つための作戦もあります。
 そして、メンタルな部分。

 あのような大舞台では、大きな器が必要だろうなあと思います。次から次と押し寄せるプレッシャーに絶えうるだけの器。

 ノルディック複合の渡部暁斗選手のインタビューで、すごく心の残った言葉があります。

調子の悪いときもありますが、堂々とした態度をとるようにしています。すると、そんな風になっていくような気がしています。(ノーミソの記憶です)

 一人一人、超人的な技を見せてくれる選手の皆さんも、弱さを持った同じ人間なのです。そんな人間が努力の結果見せる美しい姿に日々感動しています。人間って、ここまですごくなれるのかって。

 オリンピックは、僕たちにも、「大きく輝くため、地道な積み重ねをしていきたい」思わせてくれます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校