So-net無料ブログ作成

自信 [合唱]

  今日の午後は、合唱団の自主練をしました。「一人一人声の個人レッスンをします。」と言いました。そして、希望する子が来ました。自主練ですので、来たい子だけが来るのです。11人の子ども達が来ました。

 一人一人の歌声を聞きながら、声の出し方を個人レッスンしました。良い練習ができたと思います。
 そして練習の最後にお話をしました。
 今日はそのお話を、書いて見ます。(多少加筆しました)

 今まであまり話したことはないんですが、先生は高校受験を失敗しました。本当につらかったです。だって落ちる人の方が少ないんですから。
 今から振り返ると、中学生の時は、変な自信がありました。勉強しなくても受かるだろうという自信です。だから、勉強もあまりしませんでした。したとしても親から言われていやいやする勉強でした。

 でも、試験の前日になるとどうでしょう。ドキドキして寝られませんでした。そして試験の日は寝不足で、ふらふらしながら受けました。今から考えると落ちて当然です。
 でも、落ちたのは、本当につらい経験でした。

 高校生になると、同じ失敗を繰り返すのがいやで、自分から勉強しました。本当に良く勉強しました。高校一年生の頃から、毎日5,6時間は勉強したと思います。試験の日まで3年間、それを続けました。そうやって、大学の試験を受けました。いくつも受けました。

 その時は、試験が、本当に楽しみでした。
 試験の日も自信がありました。まるで冒険をするような気分で、試験を受けました。そして受けた大学、全部受かってしまいました。

 今日、自主練に参加したみんなは、自分から練習に参加しました。そんなことの積み重ねが、自信をうみます。本当の自信です。
 これから、いろんなことがあると思いますが、「自分からやるという積み重ねが自信を作っていく」って言うこのお話しを覚えていてもらえるとうれしいです。
 

 みんなよく聞いてくれました。
 僕自身、実感を持って話せたからだと思います。

  僕は、この失敗があってよかったなあと心から思っています。
 だって、この失敗のおかげで、僕に継続する力がついたからです。そして継続が力を生み、自信を生むことを実感できたからです。この実感は僕の宝です。

 合唱団の練習の中で、子ども達にいろんな話をしていきたいと思っています。それがいつか子ども達のお役に立つことを信じて。