So-net無料ブログ作成

音楽の時間、子供同士で良いところ見つけ [授業]

 音楽の時間、4,5,6年生は、だいぶ歌えるようになりました。しかし歌のボリュームが少し足りません。また表情ももっと良くなるはずです。

 そこで、今日はこんなことをやって見ました。

 クラスを半分に分けます。
 半分の子だけで歌います。
 残り半分の子は、歌ってみる子を見ます。つまりお客さんになるわけです。

 見ている子には、こう言います。

欠点をみつけることは、簡単です。でも、良いところを見つけることは、中々難しい。良い歌い方をしている子をみつけてください。

 子ども達には、以下のようなポイントを既に教えてあります。

・立ち方
 片足を少し前に出し、下半身は力を入れて立つ。

・前奏の時
 体でリズムをつかみ表現していると良い。

・顔
 笑顔(ほっぺにたこ焼き)口は縦 目をあけると、明るい歌声になる。

・体を使う
 山場で声を前に飛ばす時、体重を前足にかけるとよい。

 以上のような観点で見て、聞き終えた後、良い子の名前を発表していくのです。

み~ちゃん
ふ~ちゃん
けいちゃん
こうすけ・・・等など

 みんなニックネームや普段呼んでいる言い方でいいます。
僕はだれのことやらわけがわかりませんので、呼ばれた子に手をあげてもらいます。

 照れくさそうに手をあげます。
音楽室に笑いがおきます。

この友達からの評価がまたうれしいみたいです。
教師の評価もいいけれど、友達同士の評価もいいものです。

 とても和やかな雰囲気になります。
 音楽の授業でやってみてとても良かったので、今日の記事にしてみました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校