So-net無料ブログ作成

今日、いしかわユースコーラスコンサートに行きました [合唱]

  今日、いしかわユースコーラスコンサートに行きました。
場所は、文教会館です。アンサンブルコンテストの会場でもあります。石川県高等学校文化連盟音楽部主催で、県内の中学校や高校の合唱団が集まり、合唱の合同コンサートのような催しです。

IMG_0936.jpg

  県内の中学校や高等学校の合唱団の歌声や雰囲気を知りたくてやってきました。
   どの学校もメンバーは、1、2年生だけでした。

  感じたのは、曲調にもよりますが、高校でも、学校によって声質が違うということです。
   明るい声、暗い声、深い声、浅い声があることがわかりました。それぞれ好みがあるでしょうが、指導者によって雰囲気が違いました。

  また、些細なことですが、入退場の仕方もポイントだと思いました。しっかりとかっこ良く入場している学校は、やはり聞かせます。

  外国の曲より、日本の曲の方が、夢中になって聞きました。
特に印象に残っている曲は、

泉丘高校の「ロマンチストの豚」
   作詞がやなせたかしさんで、歌詞の中身が伝わってきました。また強弱もあり明るく僕好みでした。

辰巳丘高校の「ペチカ」
バイオリンとピアノ、合唱のコラボレーションが良かった。北原白秋作詞、山田耕筰作曲とのこと。名曲です。

金沢二水高校「大きな古時計」
  Nコン常連校です。声が整っていました。また明るい声質だと思いました。男声と女声がとけあっていました。

   中学や高校へ行っても、合唱を楽しんでいる人が、こんなにいるということ。そしてその雰囲気を知ることができ、良かったです。

   最後の合同ステージは、圧巻でした。出演したすべての学校がステージに上がりました。溢れんばかりの人数でした。そこで歌われた飛行機雲、ルージュの伝言、やさしさにつつまれたなら…のユーミンメドレーです。

IMG_0937.jpg

  僕にとっても懐かしい旋律の数々。懐かしくって切なくって、ウキウキした気持ちにさせていただきました。

  高校生の声って、大人に近いようですが、また違っていて、心地よいものがありました。高校生の合唱の世界もいいものですね。

 関係者の皆さん、誘っていただいた先生に感謝します。
 いい音楽をきけました。
 ありがとうございました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校