So-net無料ブログ作成

ドーナツの穴 [幸せに生きる]

  NHKオンデマンドで、毎日、梅ちゃん先生を見ています。
本当におもしろいです。
 毎回、心に残るシーンがあるのですが、最近では、ドーナツの穴のシーンが強く心に残っています。こんなシーンです。

帰京した松岡と再会
帝都大病院の資料室
松岡と梅子

列車の中で悩んでたことがあって、、
なんですか?
ドーナツです!
ドーナツ?
ええ、ドーナツの穴はドーナツの一部と言えるのかどうか。どう思いますか?
ドーナツの穴は穴でしょ?どうして一部なんですか?
だって、ドーナツは真ん中に穴があいていることによってドーナツと特定できるんですよ。
穴がなければただ小麦粉を揚げたもので、ドーナツとは言えない。だとすれば、ドーナツをドーナツたらしめている
この穴はやはりドーナツの一部と言えるのではないか。まぁ、これはちくわにも言えることで・・・
ありがとう・・・帰ってきてくれて、ありがとう
はい


 松岡はドーナツの穴にこだわっています。
考えると、ドーナツは穴があるから、ドーナツなのです。
ということは、穴もドーナツの一部ということになってしまいます。
 穴のないドーナツなんて、おいしそうではありません。

 これって自分自身に当てはめてみると、おもしろいです。
僕には、長所もあれば短所もあります。
でも、その短所があるからこそ、僕なのです。
 短所も僕の一部。
逆に短所がなくなり、長所だらけになっちゃったら、僕じゃなくなってしまう。
長所も短所もふくめて、僕自身なのです。

そんなことを考えると、ホッとした気分になります。

 さらに考えを進めると、ドーナッツの穴をよくしようとすることに意味はありません。ドーナツをおいしくするためには、本体の輪の部分が大切です。

 人も同じ、欠点(穴)をなおそうと努力するのではなく、長所(本体)をう~~んと伸ばすことが大切。

 ドーナツは、穴があるからこそおいしそうです。
 僕自身も、欠点があるからこそ、味のある人間だ!ってふうに長所を伸ばしていきたいです。

 ドーナツの話から、こんなことを考えている僕。
どちらかというと、松岡っぽいかもしれません。