So-net無料ブログ作成

人生は楽しむためにあるのです [幸せに生きる]

 今日は朝から、いい所をみつけよう。いい所探しをしよう。そういう意識で一日をスタートしました。意識の焦点を、いい所に当てたわけです。

  今目の前の出来事で、いいことはないか、少しでもみつけたら、それを見て、意識にインプットしよう。言葉に出そう。
 すると、言葉かけや自分の行動が違ってきました。

  どこに視点を向けるかで、大きく一日がちがってくることがわかりました。意識しているからこそ、よくわかりました。

  日々の生活の中には、良いこともあれば、悪いこともあります。
 良いことに目を向けていれば、悪いことは意識に入ってきにくくなります。

 どうせ生きていくのです。楽しいことに視線を向けて生きていきたいです。

  そんなことを考えていると、福井ソアーベ児童合唱団の故坪口純朗先生を思い出しました。
 坪口先生は、まさに楽しいことに意識を向け、人生を楽しみぬいた人です。
 子どものいい所を探し、ほめて伸ばした人です。
 僕の目標です。

 数えあげれば、いやな事は山ほどあります。と同時にいいことも山ほどあります。どちらを見たほうがいいでしょう。それを選ぶのは自分です。

  人生は楽しむためにあるのです。
 あらためて、それを自分の心の中で確認した一日でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校