So-net無料ブログ作成

音楽祭にむけての練習 [合唱]

 明日の市のお祭りで音楽祭があります。今日は、その音楽祭にむけての練習をしました。
 そのコンサートホールは、けっこう広くて、声が飛びにくい会場です。
 過去、その場所で何度も歌ったことがあるのですが、
 あれ!?声が聞こえているんだろうか!?と不安になったことがよくあります。

 そこで、今日は二段階の練習をしました。

第一弾・音楽室でのリハーサル
 音程やハーモニー、表現などをチェックしました。

第二弾・講堂でのリハーサル
 明日のホールを想定し、舞台の広さもイメージしながら、声を飛ばす練習です。
講堂のカーテンを全部閉め、声が吸収されやすい状況で練習しました。

 その状況でも、声は飛んできました。あともう少しあるといいのですが。(そのあと少しが難しいところです。)

 歌声はきれいです。

 問題は表情です。練習の時はいいのですが、通しの練習となると、どうしても表情が固くなってしまいます。自分から笑顔を作り、歌えると最高なのですが。

 今日は、最後に、学校に来ている先生二人に、見てもらいました。
 忙しい中、講堂に来ていただき、15分のコンサートリハを聞いていただきました。
 温かいメッセージとアドバイスを頂きました。

・司会の言葉がとても良い。
・勉強の時以外の一生懸命な姿が見れて、よかった。

・歌ってない時の表情も笑顔を意識するといい。(表情が固い)
・振り付けはそろえた方がいい。
・目線も意識したらいい。

 本当に、どれも大切な御意見です。子ども達、頷きながら聞いていました。

さあ、やることは、やりました。明日は本番です。子ども達がどこまで自分自身を解放し、良いステージが作れるか。
 子ども達の願いは、
楽しいステージを作ること。
来た人を楽しませること。
そして自分達も楽しむこと。

 いよいよ明日。良い思い出が残せればいいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校