So-net無料ブログ作成

児童発表会が一週間後なのに・・・ [合唱]

 4年生の児童発表会が一週間後に迫ってきました。
発表内容は以下です。

・福井わらべ歌紀行
・ふるさと
・南中ソーラン

 しかし、今年は中々計画通りに進みません。というのは、4クラス中、僕が音楽を持っているクラスが2クラス。出前指導をしてはいますが、中々、思うようにいきません。また、最初から声の出るクラスだったらいいのですが、声が出ないクラスだったら、そこからスタートする必要があります。
 更に気持ちの部分でもクラスによって温度差があります。

 今日は、2回目の合同練習。
 集合が悪く。いつまでもザワザワ。遅れる子も多数。練習がいつまでたっても始められません。最後には、ケーブルをひっかけ、電源を落とす子まで出てきました。
 少しでも練習時間が確保できるよう、掃除の時間から、ひな壇を用意したり、アンプ・放送機器の準備をしていたのにもかかわらずです。

 今日の練習は中止にします!!

そう言って、講堂をあとにしました。
 本当にこんなのは久しぶりのことです。
 あとは担任の先生方にゲタを預けることにしました。

 しばらくすると子ども達、数人がやってきました。
「先生、練習に来てください。」

 講堂に行くと、子ども達神妙に待っています・・・

 

 その後の歌声のすばらしかったこと。
 いつにないお腹を使ったいい声が出てきます。
 どんどん吸収する子ども達。
 歌がどんどん良くなっていきました。
 担任の先生方も感激されていました。

 できたら楽しくやりたい。そうやってきました。
 でも、時にはこういうことも必要なのかなあ。
 よくわかりません。
 ずっと楽しくやれたら最高です。
 時間のない中での高めていく指導。なかなか難しいです。
 
 明日はどうなるでしょう。
 ただ、今は、子ども達にとって、良い体験を残してあげたいです。それだけの気持ちです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校