So-net無料ブログ作成

自分流のものをつくっていきたい [合唱]

 二日間の合唱団の見学を通して、やはり自分流のものをつくっていきたいと感じています。
そのためには、いい指導を見て、まねることでしょう。学ぶはまねるから来ているといいます。

 そんなことをやっている間に、県コンクールのテレビ放送がありました。
 僕は予約録画していたのですが、帰ってみて、ビックリ。違ったチャンネルの番組が映っていたのです。
 ショックでした。

 しかし、今日、ある保護者の方から、映像をブルーレイで頂きました。
専用機で再生してみると、画面の美しいこと。びっくりしました。
 本当にありがとうございました。感謝です。

 パソコンで見るのには、苦労したけど、なんとか見られるようになりました。

 最初、放送映像を見た時は、「アレレ?」と思ったけど、何度か見ているうちに、失敗したところもあるけど、良いところもたくさんあるぞって思うようになりました。

 そのいい部分を伸ばしていきたいなあ。
 やはり僕は長所伸展法が向いているのかもしれません。
 いい部分をほめ、伸ばす指導。
 なんのために合唱をやるのか。
 それは音楽を楽しみ、人生を楽しむためです。
 自信と意欲に満ちた人生を歩むためです。
 

 でも、なおすところも繰り返しやる必要があります。
 それは子ども達が納得し、前よりも上手くなった!!できるようになった!!って気持ちにさせることが大切なんでしょうね。
 あるいは、知らない間に楽しく繰り返す方法でやれば、最高でしょう。それはもう名人の域なんでしょうね。

 合唱の楽しさを一番にしつつ、やることはやる。そのためには、いろんな引き出しを持ち、変化とバリエーションを持つことが必要です。また人間としての魅力も。

 合唱指導、本当に難しいです。
 でも、その難しいものに挑戦するところに、成長があるのでしょう。
 指導技術の成長。そして人間としての成長。

 せっかく生きているのです。死ぬまで成長して行きます。
 僕はそれが楽しいと感じるからです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校