So-net無料ブログ作成

先日の高野誠鮮氏の講演は、強烈でした [幸せに生きる]

 先日のスーパー公務員と呼ばれている高野誠鮮氏の講演は、強烈でした。
僕の中で、高野氏のいろんな言葉が蘇り、新しい人生の展開が生まれそうな予感がしています。

 昨日の記事を高野氏にお知らせしました。すると、こんなコメントが返って来ました。

世界に目を転じると、ものすごい可能性が溢れかえっています。四面楚歌なら上を見たら空いてます(笑)

 この言葉、強烈なインパクトがありました。
 
 そして、考えてみると、自分自身、現実的になりすぎていたことに気がつきました。
 自分の目の前の問題ばかりが目につき、それに対処する日々ではなかったか。
 現実的な日常に終始していなかったか。

 合唱に関してもそうです。克服すべき課題ばかりを見て、それに対処することに専念していたのではないか。
 
 たしかに、それも大切なことですが、いつの間にか、スケールが小さくなっていたのではないかと思いました。

 高野氏の講演で感じているのは下の点です。

 夢は大きく。
 できないこと。現実ばかりに目をやるのではなく、できることを、見つけていく。
 世界的視野で考えていくこと。

 言ってみれば、3次元的な視点ではなく、4次元的な視点。
 横や下ばかりではなく、ど~んと上を見る。
 あるいは、上に登って、現実を見下ろしてみる。
 すると、おもしろい世界が見えてきそうです。
 
 そして、見えたことを行動に移してみる。
 失敗もあるでしょう。でも行動があるから失敗もある。
 9回失敗しても10回目に成功すればよし!!
 オセロのように、一気に逆転劇がおきる可能性もあります。

 そんな意味で、今日もどんどん行動をしました。
 高野氏が、ローマ法王に何度も手紙を書いたように、僕もとんでもないところに電話し、そして手紙を書きました。
 世界的視野では動けませんでしたが、日本的視野で動きました。
 昨日以来、とんでもないエネルギーが内から湧いてくるのを感じています。

 人生をおもしろくするのは、自分です。不可能とあきらめるのではなく、小さな可能性にかけ、どんどん行動していきます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校