So-net無料ブログ作成

Nコン県予選が終わりました。結果は銀賞でした。 [合唱]

 今日、Nコン県予選が終わりました。
 結果は銀賞でした。

 子供達は、今の時点での最高の歌声を披露したと思います。
 2年生4人を含むメンバーながら、本当にいい歌声だったと思います。

 しかし、金賞受賞校の方が上手でした。
 自由曲を聞き終わった瞬間、「これは参った」と思いました。

 審査発表の時、涙が出ませんでした。それは、やるべきことをすべてやったからです。

夢見る時間があったら、行動。
常に「行動」が合言葉でした。

いくつもの講習会への参加
良い楽曲を選んだこと。
外部からピアニストをお願いしたこと
講師の方に何度も来て頂いた事。
そして、前校長先生の献身的な協力。

ぎりぎりまで、課題克服のために、行動しました。
僕自身、体を削っての指導でした。
朝3時に起きては、課題克服のための計画を立て、毎日練習しました。
次々と出てくる新しい課題。そしてその克服。
自分自身の限界までやりきった感があります。
そして、この結果。
今の6年生を上へ連れて行けなかった無念さは残りますが・・・
悔いはありません。


子供達も本当によくがんばりました。

今年でNコンは7回目の挑戦です。
よくこんなハードなことを7年も続けてきたなと思います。
コンクールでは必ず順位が出ます。毎年、その非情さを味わってきました。
コンクールは、もういいかなという思いがあります。

しかし、コンクールの良い面もあります。
それは、確実に歌が上手くなるということです。
今回の自由曲「空のスタートライン」は、本当に難しい楽曲でした。
その中で出てくる課題を次々と克服し、子供達の歌はどんどんよくなりました。

 また、歌を通して、子どもたちといろんなことを考えられたということもいい面です。
 課題曲「ふるさと」では、被災地のことを考え、東北への思いを、より強くもてました。
 自由曲「空のスタートライン」では、自分の夢をあらためて考えることができました。そして、夢へ向かってスタートするには、お日様のような仲間が必要だということもわかりました。
 そんな心の成長を促す時間を持つことができるのもいいことです。

 ですから、課題曲「ふるさと」では、歌声を東北に届けたい!という思いがありました。
 自由曲「空のスタートライン」では、一人一人が考えた夢のスタートを宣言したい!という思いがありました。

 そこで、歌を歌う前の1分間発声練習の時、子どもたちと相談の上、ステージで、こんなことをしました。

みんなで手をつなぎ、
「とどけ!東北へ!」・・・ふるさとの最初の部分を歌う
みんなで前に指差し
「夢へ向かって!スタート」・・・空のスタートラインの最初の部分を歌う。

そして、そんな思いを込めて歌いました。
本当にいい歌が歌えたと思います。


 これからは、コンクールバージョンではなく、楽しい合唱の世界を展開していきたいと思っています。レベルアップした子どもたちと共に、たくさんの人に笑顔を広げる世界です。
コンクールは、子供達や僕自身の新しい夢へのスタート!をきった瞬間です。

これまでたくさんの方々の応援に感謝します。
ありがとうございました。

そして誰よりも、一緒に毎日がんばった子どもたち、ありがとう。
僕たちの夏休みが始まりました。


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

 いよいよ今日。Nコン県予選の日がやってきました [合唱]

 いよいよ今日。Nコン県予選の日がやってきました。
今までやることはやってきました。
しかし、やり足りないことが次々と見える。そんな夏練でした。
でも、今日、本番です。

 今日はまず自分が笑顔で楽しみたいと思っています。
 でも、冷静に。やることをやる。
 そして、子供達にいい思い出を作ってもらえたらいいなと思っています。
 子どもたち、よくがんばりました。
 そして自分も。

 さあ、今から最後の指揮練習です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校