So-net無料ブログ作成

今、愛知へ向かっています

今日の午前中は合唱団の練習でした。
とっても密度の濃い、いい練習ができました。
今日の収穫は山ほどあります。その中で、一番感じたのは、とにかく声を出すことが基本だということがよくわかりました。さらにそのためには、呼吸法が大切なこと。しっかりはききることにより、息が入ること。
さらに、細部にどこまでこだわれるか、ということが音楽の質を決めることがわかりました。
クレッシェンドの記号のあるところでは、しっかりとすること。そのあとは、その勢いを弱めないこと。むしろそのことを言いたいがためにクレッシェンドがあるということ。
言葉を大切にするために、語頭を意識すること。書き出したらキリがありません。知っていることもたくさんありましたが、いかに子供達にそれをおろしていくか、実行させていくかが大切なんですね。
また、今日嬉しかったのが、ピアニストがきてくれたことです。今日は、子供達とピアニストとの出会いの日でもありました。
やはり生の演奏は、いいです。
子供達と、ピアニストと僕とのコラボレーションで、どんな音楽が作り上げられるか、とっても楽しみです。

そのためには、勉強が必要です。
今、愛知へ向かう高速バスの中にいます。
明日、武田雅博先生のNコン課題曲講習の講座を受けるためです。前泊します。
せっかくですから、新名古屋ミュージカル劇場で行われている劇団四季の「サウンドオブミュージック」をもう一度みようと思っています。
あの体全身を使った発声法。そして何よりも、一回一回の舞台にかける真剣度、細部へのこだわりを体で感じてきます。
音楽、奥が深いです。どこまで真剣に細部にこだわることができるか、さらに楽しくできるかで、できあがる音楽が決まるように思います。

子供達との出会い、すばらしい人たちとの出会いに感謝しています。

iPhoneから送信
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog