So-net無料ブログ作成

些細なことですが、今日うれしかったこと [幸せに生きる]

 今日もたくさんの授業がありました。
5,6限も授業があったので、正直ヘロヘロになりました。
でも、その中で、とってもうれしかった授業があります。
6年生の音楽の授業です。

今日のめあては、声の重なり。
最終目標はクラスで「おぼろ月夜」の二部合唱をすることです。
今日初めて低音を教えました。
低音の発声法も教えました。
口の奥を空け、胸に響かすように歌うといい。
更にそれだとこわい声になるので、ほっぺをあげるといい。
でも、それではまた口の奥がせまくなる。
では、どうしたらいいのか?
それは、眉を上げること。そうすると鼻腔が広がって豊かな明るい声になる。

Nコン金賞校の歌う姿を見せながら、そんな専門的なことを言いながらの授業でした。
子どもたち、一時間中、おぼろ月夜にとりくみました。
そして、一時間で二部合唱が形となったのです。

やはり、高学年には、美しさや上手になることを伝えることが楽しさにつながっていくんだなあということを実感しました。

でも、授業時間をオーバーしてしまいました。
次は掃除の時間です。

掃除の前に使ったクラスは、その時間に備えて机を後ろに下げることになっています。
僕はもうしわけないと思ったので、
「先生がさげておくから、みんなは行って下さい。」
そう言いました。

 いつものように感謝の言葉を言いながら、出口でおみおりくりをしました。

 ふと教室の方に目を向けると、10人以上の子が残り、机を後ろに下げているではありませんか。
びっくりしました。そして、なんだか、胸がキューンと熱くなりました。

 些細なことですが、とってもうれしい出来事でした。
 この子達も大人になったなあと思いました。
 ありがとう。6年生の子どもたち。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校