So-net無料ブログ作成

音楽には遊びの精神が必要 [授業]

 今日楽しかったのが、4年生の音楽です。
特に6限目の音楽の楽しかったこと。

  最初に歌ったのが、「ゆかいに歩けば」
合唱団では定番の曲です。
 どんどんうまくなり、指導しておもしろかったです。

 更にリコーダーの笛星人を吹きまくり、
オーラリーで美しいハーモニーを重ねました。

 そして、最高におもしろかったのが、福井わらべうた紀行です。
これは福井ソアーベ児童合唱団の委嘱作品と聞きます。
 ところどころに、ジャンケンなどの遊びが入っていて、これがおもしろい。

ジャンケンポン!ヤッター!!

大騒ぎです。
大騒ぎすればするほど、僕はほめますので、ますます大騒ぎになります。

 さて、次の歌、かごめかごめでは、サッと変身してきれいな声で歌わなくちゃいけません。
その変身振りがまたおもしろくて、おもわずみんなで吹き出し、歌になりませんでした。

このわらべ歌。変化もあり、遊びながら歌えるところがいいです。

今度、この子達は、近くの老人ホームを訪問します。
その時に、この歌を聞かせてあげることができればいいなと思っています。

音楽にはやはり遊びの精神が必要です。
そんなことを今日の授業で学びました。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校