So-net無料ブログ作成

教師としての楽しさに焦点を当てて生きていきたい [幸せに生きる]

  今日はゴールデンウィークの狭間の初日でした。
 子どもたち、さぞ連休ボケしてるだろうなあと思いながら挑んだ音楽の授業でしたが・・・

  これが、もう、本当に楽しい時間でした。

 今日は、5,6年生の音楽の授業でした。子供達の連休ボケを覚悟し、あまり期待していなかったこともあるかもしれませんが、僕の予想以上に子供達は一生懸命歌ってくれました。
 更に、僕自身、授業に飢えている部分がありますから、子供達とのやりとりの楽しいことといったら。あ~~、僕は授業が好きなんだなあと、心底思いました。

  教師っていろんな楽しみがあるけど、今の僕にとって、授業が最大の楽しみごとです。
 昨年度も級外で受け持っていた子供達ばかりってこともあるし、そんな子供達が一生懸命やる姿を見るのが、本当に楽しいのです。

  5年生、最後にビリーブの歌で気持ちよく歌っておしまい。「もっと歌いたい!」の声に、「ありがとう」の感謝の言葉を言いながら、出口で見送りました。
 6年生は、「つばさをください」の二部合唱でおしまい。合唱団の子供達がたくさんいるので、クラスでも、二部合唱が比較的簡単にできます。とっても気持ちよくおわりました。

  そして、授業が終わっても、合唱団の子供達が残り、歌いたいというリクエストにお答えし、いろんな歌を歌いました。そこはさながら、カラオケホールのようです。そして、合唱にまつわるいろんなお話。 やっぱり僕は子供達とのこんなやり取りが大好きなんだなあ。

 大好きな音楽を通してのお付き合いだからかもしれません。あまり大きな期待をしてなかったからかもしれません。子どもたちと離れていたゴールデンウィークの狭間の初日だからこそ、そんな楽しさを感じられたのかもしれません。

 いろんなことがあるけど、このような教師としての楽しさに焦点を当てて生きていきたいです。 

『仕事に生きがいを見出せるかどうか。そこに幸せな人生への一つの鍵がかくされている』松下幸之助
『人間というものは、自分の天分、持ち味を生かし切るとき、初めてほんとうの生きがいや幸せというものが味わえる』松下幸之助


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校