So-net無料ブログ作成

「福井わらべうた紀行」を楽しむ [合唱]

 今日は、午前中、合唱団の練習がありました。
40名中、2年生が8人。3年生が4人。合計12人のジュニア(3年生以下の団員)がいます。
そこで、新しいジャンルの歌に挑戦しました。

 教えたのは、福井ソアーベ児童合唱団の委嘱作品である「福井わらべうた紀行」という合唱組曲です。以下のような構成になっています。

★ジャンケンじゃがいも (ジャンケン歌) 
★かごめかごめ (人あて鬼) 
おさらい (お手玉歌) 
むこどり山の (手合せ歌)
一がさいた (手遊び歌)
★ゆうびん屋さん (縄とび歌) 
れんげつもか (つかまえ鬼) 
一かけ二かけて (手合せ歌) 
おべろんや (ねさせ歌) 
★花いちもんめ (子もらい遊び)
おきょうはかりかり (手まり歌)

 以前、ある合唱団の演奏を聞いて一目ぼれしました。また、2011年のソアーベの定期演奏会では、この組曲が演奏され、ますますいつかやりたいなあという思いを持ちました。かわいい小さな団員たちが勢ぞろいした今年がチャンスです。 

この中から、★印の4曲をやることにしました。

 この歌、本当にいいです。途中でジャンケンなどの遊びがあるので、小さい子も楽しめるからです。

 今日は、「ジャンケンじゃがいも」と「かごめかごめ」までやったのですが、子どもたち、すぐにハモレルようになりました。

 このわらべ歌、外国の方に聞いていただけると喜んでもらえそうです。
保育所の子供達にもいいだろうなあ。
そうそう、お年寄りたちにも喜ばれそうです。

今日は音楽室に「ジャンケンポン」「アイコデショ」と
かわいい大きな声が響きました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校