So-net無料ブログ作成

あ~楽しかった。やっぱり授業は楽しい! [授業]

 今日は5,6年生の音楽の授業がありました。
昨日の反省をふまえ、授業に挑みました。

ポイントは、
子どもにあわせること
楽しもう 
テンポ良く
子どもの活動を多く。

 最初に、起立の練習・赤・白対抗。どちらがサッと立てるか。
遊び感覚で体を動かしてテンションを高めていきます。

そしてソアーベ体操。僕のまねっこをさせます。どんどんほめます。
更に30秒間、あっち向いてホイ。

  今日は、それぞれの学年におしまいにはどんな歌をうたいたいか、目指す歌声を考えさせました。高学年の音楽だからこそ、考えさせてみました。

〇5年生の音楽は、児童音楽会、収穫祭、6年生を送る会と歌の発表があります。
〇6年生の音楽の最終目標は、卒業式の歌です。約1000人近くの人たちの前で歌うことになります。

そこで、どんな歌をうたいたいのか?

まず四人で話し合いその後、発表してもらいました。

聞いている人が感動する歌を歌いたい。
思い出に残る歌を歌いたい。
気持ちを込めた歌を歌いたい。
美しい声でうたいたい。

 じゃあ、そういう目標に向かって先生は一年間、音楽の授業を進めていくよ。
そう言って本格開始。
 まず声だしからはじめました。

●起立
ハイの返事
発声
それぞれをテンポ良く赤白対抗で声出ししました。

そして、こんなお話をしました。
●大切にしたいこと・
・まず声を出すこと。
・多少音が外れてもいい。自分を出して声を出すこと
・それを指差して笑うのはダメ
・思いっきり歌える音楽の授業にしよう。

そう宣言し、用意したビデオを見せました。

 みせたのは、今年のNコン課題曲を発表した番組「発表!Nコン課題曲2013」です。

 今年は4年生から6年生までの全クラスで、Nコン課題曲「ふるさと」に取り組むことにしたのです。見せたのは、この番組を6分に短縮した超ダイジェスト版。

嵐が今年の課題曲を紹介します。
子どもたち喜んでみていました。

 今年の音楽は、このふるさとを4年生以上全クラスで歌います。最終目標は、クラスごとにビデオどりをして、NHKに送ることです。

 今年はNコン80周年ということで80周年記念スペシャル企画「いっしょに歌おうプロジェクト」という番組があります。もしかしたテレビに出るかも・・・・しれません。そうなったらおもしろいです。

 今年のNコンは、みんなで楽しんじゃおうと思っています。

 NHKへの応募は、お家の人たちの了解もいるでしょうから、実現できるかどうかはわかりませんが・・・。

 でも、クラスごとに、Nコン課題曲の歌合戦をしてもおもしろいかもしれません。校内放送で流してもいいかもしれません。

 そうやって楽しみながら、4年生から6年生の子供達はこの曲をいろんな行事で歌うことができます。収穫祭や児童音楽会には、ピッタリの歌です。そしてうちの合唱団が、学校を代表してNコンに出場するのです。

 今年はいろんな意味で、楽しみたいと思っています。
 音楽の授業もNコンも。

 昨日の反省からリベンジした音楽の授業、とっても楽しかったです。
 やはり楽しさが一番大切だと感じました。
 子どもたちと一緒に授業すること。これこそ教師として一番大切な事。一番の楽しみごと。
 一生懸命歌ってくれた子供達に感謝です。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校