So-net無料ブログ作成

団員からのうれしいお手紙 [幸せに生きる]

  昨日は、離任式でした。元合唱団の子供達に会いました。一人一人にお礼をいいながら、定期演奏会のDVDを渡しました。
 するとある女の子から、白い封筒をもらいました。
そしてこう言います。
「お手紙書いたから、あとで読んで。」

 ドキドキしながら、職員室でそのお手紙を読んでみました。
かわいいビンセンにびっしり文字が書いてありました。
 うれしいうれしいこんなお手紙でした。

 今年も先生が学校にのこれて、本当にうれしかったです。もし先生が、この小学校にいなかったら、もちろん「合唱団」はありません。そんなことを考えると、本当に悲しいです。
 私はメールで、先生が今年も学校に残ると聞いて、とてもうれしかったです。
 先生は、名前が、『きせき』でもよろしいのではないでしょうか?
 今年も含めて同じ学校に7年間もいるだけで、きせきです。今年のアンサンブルコンテストでは、金しょうをとり、新聞社賞をとりすごいと思いました。
 ていきえんそう会では、チケットがいっぱいあったのに、すぐになくなってしまい、すごいと思いました。
 先生は何かぜったいに人をすてきにするみりょくがあります。

 何度も何度も読みました。何度読んでも、うれしくなります。
 この子は、合唱が大好きです。いつも笑顔で歌ってくれます。
 その笑顔を見ていると、僕もまた楽しくなります。
 あ~、こんなに思ってくれる子がいるんだなあと、心からうれしく思いました。

 合唱団、再結成しました。もちろんこの子も再入団してくれました。
 坪口先生が 大切にしてきたことを今年も大切にしていきたいと思っています。
 それは、合唱を楽しむこと。子供達の気持ちを大切にし、また新たなスタートをしたいと考えています。
 人生を楽しんでいきたいです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校