So-net無料ブログ作成

タンバリンって、奥深いです。 [幸せに生きる]

 6年生の合奏のお手伝いをすることになりました。僕は打楽器担当。また、授業でも合奏に取り組みたいと思っています。しかし、楽器のきちんとした持ち方が良くわかりません。

  今日はとりあえず、タンバリンの持ち方をネットで探して見ました。すると、どうでしょう。すごいのです。タンバリンって、すごく奥深いのです。
 掌や指先でたたいたり、はじいたり。振ったり。当てたり。しかも当てどころで音色がまったく違います。びっくりしました。とりあえず下の演奏を見てください。

 打楽器って、楽器の苦手な子が担当するってイメージがあったけど、ぜんぜん違うことがわかりました。リズム感が必要です。
 下の映像は、タンバリンとギターの演奏です。これを見せてあげたいと思います。かっこいいです。 


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校