So-net無料ブログ作成

称号を与えてしまう [幸せに生きる]

 昨日紹介したオーディオブックの最初の所にこんな内容のことが書かれていました。

最初に称号を与えてしまう。

 たとえば、あなたはとても親切な人ですね。
そう言ってしまい、そう信じてしまうのです。

すると、その人の前では親切な人になってしまうって。

これは、日常の子供達を見ていればわかります。

 ある先生の前では、とっても素直なのに、別の先生の前では斜に構えた態度でいる。そのどちらもその子であることは変わりありません。

 でも、それは当たり前のことだと思います。

 人は心の中に善の部分もあれば悪の部分もある。その両方を持ち合わせたのが、人間だと思うからです。

 相手から良き称号を与えてもらうと、そうなってしまいます。
 逆に、相手から悪い称号が与えられると、やはりそうなってしまいます。

 僕だって同じです。無条件に信じてもらえる時は、この人のためにがんばろうって気にもなるし、
 どうせ、何やったって、注意ばかりされるのに決まっているって時は、がんばる気がおきません。

 そんな意味で、僕は子供達を無条件に信じていきたいと思います。
 それは、相手を操作するって意味じゃなく、そちらの方がお互い気持ちがいいと思うからです。

 人にはいろんな面があります。まずその子を信じること。するとその中の良き部分が見えてきます。そしてそれを、引き出してあげたいと思っています。

 そのためには、謙虚になって、相手を見ることです。そして注意深く良い部分を探すことです。

 日々、学びです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校