So-net無料ブログ作成

合唱団の練習を中止にして思ったこと [合唱]

  今日は、朝からすごい雨と風。 暴風・波浪警報。雷注意報が出ています。
そこで、今日は、予定していた合唱団の練習を急きょ、中止にしました。
 中には、2年生の子供達もいます。こんなすごい天気の中を歩かせるのは、とても心配だからです。

  活躍したのは、メール配信。合唱団の保護者の皆さんからは、メールアドレスを教えていただいています。保護者の皆さんの携帯にメールが届くシステムになっているのです。
 僕の場合、特別な配信会社は使わず、yahooメールで行なっています。携帯の方で、受信拒否になっていなければ、これで十分連絡に使えます。その前は、全部電話連絡でした。本当にメールのおかげでずいぶん助かっています。

 さて、いつもあるはずの合唱練習のない土曜日の午前。ゆったりできるだろうなあと思っていました。たしかにゆったりしていたのですが、何だか物足りないのです。
 そして、深く思うことがありました。
 それは、子供達の歌声を聞いたり、一緒に歌ったりしていた時間が、すごく楽しいものだったんだってことです。

 「幸せを求めていたお魚が釣り上げられて、初めて、もといた海の中が幸せな場所だったんだって気づいた」というお話があります。

 なくなって初めて、そのありがたさがわかります。今日はそんなことに気づきました。
 
 子供達はどうだったんだろう。僕と同じような気持ちの子もいれば、ゆっくりと羽を伸ばせた子もいるかもしれません。でも、今日は、いろんなことを感じたんじゃないかな。

 今、僕は幸せの真ん中にいることに気づきました。
 子供達やたくさんの人たちのおかげで、僕は楽しく生かされているということに気づきました。
 ありがたいです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校