So-net無料ブログ作成

坪口先生は、僕の中で生きています [幸せに生きる]

  何年かぶりに風邪をひきました。のどの調子がよくありません。
朝起きると、森進一さん状態でした。(古いか)
 ガラガラ声しか出ません。
 学校へも行きたくありません。

 そんなときに支えてくれるのが、ソアーベ児童合唱団の故坪口純朗先生です。
 
 今年の4月にソアーベに見学に行きました。坪口先生は、あの時、末期の癌でした。それにも関わらず、子どもたちに温かい笑顔で指導されていました。

 車いすに乗って、握手をしていた姿。
 片手で指揮をし、熱く語っていた姿。
 一人ひとりの子供たち近づき、笑顔でお話ししていた姿。
 そんな姿を思い出します。
 おそらく全身痛かったに違いありません。
 でも、坪口先生は、笑顔でした。

 僕はのどが痛いだけ。
 意識を変えました。
 
 子どもたちにいいところを見つけよう。
 一つでもほめよう。
 子ども達に元気と勇気を与えよう。

 そんな気持ちに意識をシフトしました。

 するとどうでしょう。
 自分のことはいつしか忘れ、常に子どもたちに意識がいきます。
 良いところを見つけようという意識です。
 すると、自然に良いところがどんどん見えてきました。

 これは、思い当たることがあります。
パソコンを買いたいなと思うと、いろんな場所でパソコンが目につきます。
車が欲しいと思っていると、欲しい車種が目に入ります。
それと同じかもしれません。

 ほめることがみつかるとうれしくなります。それを言葉にします。
すると、笑顔が増えます。また見えてきます。良循環です。

 今日一日、自分なりにとてもいい授業ができました。
 のどの状態は相変わらずですが、とても元気になりました。

 更に不思議な発見がありました。しゃべり声はガラガラなのに、歌う声はきれいに出せるのです。自分ながら、ビックリしました。

 坪口先生は、僕の中で生きています。人生の目標となって支えてくれます。
本当にありがたいです。

 心から感謝です。