So-net無料ブログ作成

5年生の児童音楽会に向けて [合唱]

 今、5年生は、来週の金曜日にある児童音楽会に向けて練習に取り組んでいます。
  まとまった練習時間がとれないので、昨日から朝自習の時に学年合同練習に取り組んでいます。

  5年生、100名以上います。
 これだけの人数がいると、移動だけでも大変です。
 そこで、教室で練習を行なうことにしました。
 しかし、全員が教室に入りきれないので、2学級は教室の中、1学級は廊下という形で集合することにしました。僕は前の扉の所に立ち、教室の中と廊下を見わたしながら指導しています。

 歌う歌は、「ビリーブ」と嵐が歌った「ふるさと」。

 この5年生が素晴らしい。
 本当によく声を出してくれます。高学年というと声を出さなくなるものですが、よく響かせてくれます。

 更に、合唱団の子供達もみんなのために頑張ってくれています。
 5年生をバックアップしようと、朝練の時は、この二曲を練習に入れています。
 そして、5年生の合唱団員は、みんなのためにと、難しい低音のパートに入ってくれています。
 5年生のやる気パワーと合唱団員のおかげで、曲が形になりつつあります。

 ポイントは、1mm長く伸ばすこと。(ソアーベの坪口先生から教えていただいた言葉です。)
 そして、語尾を優しく。

 まだまだ課題はありますが、毎日うまくなっていき、教えていて楽しいです。

 今は、曲を整えているところです。
 曲に表情と山場を作るのは、来週になりそうです。

 こういう学年での合唱も本当にいいものです。

 うまくいっている学年は、歌の指導もやりやすいです。これも学担の先生方のおかげ。
 5年生の子供達がすばらしい歌を歌い、良い思い出ができるようお手伝いしていきたいと思っています。

 こういう仕事のできる幸せを感じています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校