So-net無料ブログ作成

運動会の練習で司令台に立ったときには・・・ [授業]

  運動会を明後日に控え、今、練習真っ盛りです。
若い先生が増えました。そしてそんな先生も、司令台の上に立って指導しています。
僕の若い時と比べ、堂々たるものです。

  しかし、いくつか気づくことがあり、今日はあとでこっそり、こんなアドバイスをさせてもらいました。

全員、起立!
 号令をかける時は、全員と起立の間に十分な間を置くといい。
 起立!は短くお腹から出す。すると、子供達はサッと立ってくれる。
 
 全員、起立!は練習のスタートです。ここで、ピリッとした起立ができれば、練習も、しまったものになります。

 この号令は、指揮でいうと、出だしの合図に似ています。十分間をとり、タイミングを明確に示すことがポイントです。

ほめるとき
 ほぼ8割がたの子ども達が指示通りしっかり動いてくれたら、ほめる。
 短く、スパッとほめるのがポイント(例、すごい!すばらしい!)
 指示を出し子どもが動いたあとは、させっぱなしより、評価があるといい。

 でも、過半数の子ども達が、指示通りしっかり動いてないときにほめるのはマイナス。(子供達はそれでいいと思ってしまう。)

 そんな場合は、ピンポイント作戦で、

ピンポイント作戦とは・・・
 ダラットした中でも、一生懸命やっているクラスや子供達は必ずいるものです。それをみつけほめる。
 例「三年一組、すばらしい!」
  「四年生の一番前の列、すごい!」
 すると、まわりも真似してだんだんピリッとしてきます。
 そうやって、少しずつ、良い雰囲気を広げていく。

司令台では、ほめるに徹する
 マイクを通して叱るのは、かっこいいものではありません。全体の雰囲気も悪くなります。それに、ご近所に丸聞こえです。
 注意は、学担の先生にまかせればいいのです。
 
原則:司令台では、明確な指示と良い評価の繰り返し。

 そのためには、子供達をしっかりと見て、すばやく良い点を見つけることが大切です。

 今日はこんなアドバイスをさせてもらいました。
 これは、授業でも同じだと思います。

 司令台に立って指示することは、授業力を高めるうえでも、とても良い勉強になります。ですから、若いうちに、運動会のダンスや表現、組体操などの指導をしておくといいと思います。

 いろんな方法があるのですが、最近は気づいたことがあったら、僕のやり方を伝えるようにしています。少しでも参考になってくれればいいなあと思って。

 偉そうなことを書いていますが、最近の若い先生は、僕が若い頃と比べ、勉強もしてるし、はるかにしっかりしています。

 この記事は半分自分自身のために書いたものでもあります。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校