So-net無料ブログ作成

成熟するためには、遠まわりをしなければならない [合唱]

 今日は5年生の音楽で、思わず合唱指導に熱が入ってしまいました。

 5年生も10月の下旬に児童音楽会に出ます。
 これは市内の小学校が集まり、合唱やブラスを発表する会です。うちは毎年5年生が出ることになっています。

 歌う曲は、「ビリーブ」と嵐の歌った「ふるさと」です。
今日はビリーブを歌わせてみました。そこそこきれいな声なのですが、やはり声量が足りません。そこで呼吸トレーニングをしました。

 腹式で、短時間に十分息を吸って、長く発声するトレーニングです。
これで、少し声に厚みが出てきました。でも、まだまだ出るはずです。このトレーニング継続していきます。

 息を吸ってもお腹がふくらまない子がけっこういたので、次のような方法を教えました。

「手のひらの上に、きれいなお花をたくさん乗せて下さい。」
「そのお花の匂いを、鼻です~~っと嗅いでください。」

すると、自然にお腹がふくらむのです。
今度ははく番です。

寒い冬の日、手のひらを息で暖めてください。
「ハ~~~~」

これで、お腹がへこんでいきます。

お花の匂いをすって、止めて、手のひらを暖めましょう。「ハ~~」

これを繰り返します。
そして、今度は、お腹に手をあて、同じ事をやってみます。
すると、吸った時にお腹が膨らんだ子の割合が多くなりました。

少々遠回りのようですが、5年生にも息を意識させようと思っています。

『成熟するためには、遠まわりをしなければならない』開高健

『進歩の過程にムダはつきもの。ムダには2種類ある。
ひとつは文字通りのムダ。やって空しい努力、やらなかった方が良い努力がこれだ。
もうひとつは、一見ムダに見えるけれども、時間の経過とともに役立つムダ。これを目指すべき』 野村克也

 息、呼吸、新しい開拓分野です。どう変化していくのか、楽しみです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校