So-net無料ブログ作成

福井ソアーベ児童合唱団の坪口先生のお墓参りに行きました [幸せに生きる]

  今日は福井県に行きました。
 福井ソアーベ児童合唱団の坪口先生のお墓参りに行ったのです。

 女先生の家に立ち寄りました。
 坪口先生のお写真とお骨が、ご自宅にありました。
 手を合わせました。

 でも、不思議です。亡くなったという感じがありません。まだどこかにいらっしゃるような感じです。女先生も、そうおっしゃっていました。
 合宿をやったそうです。
 どこかに坪口先生がいるような感じで、いつもと変わらない合宿だったそうです。

 女先生とお話ししていると、団員の方が来られました。
 坪口先生のお話しになりました。
 なんと4歳から現在の20歳までソアーベの団員とのこと。
 生粋のソアーベっ子です。

「ソアーベの魅力はなんですか?」と聞くと
「一番ダラ~~ッとできる場所」と笑いながら答えてくれました。
 自然体でいられる場所なんでしょうね。

 前々から思っていることを聞いてみました。
「坪口先生は、実は熱い人なんじゃないですか?」
すると、
「坪口先生は、熱い人です。」と答えました。女先生も同じ答えでした。
予想があたってうれしかったです。でもこう続きました。
「それを表に出さないで、みんなを大きく包み込んでいる」って。

 すごいなあと思います。
 それが坪口先生の魅力です。
 その大きさがあるから、みんな坪口先生の手の中で、安心して自由に遊んでいるように歌っているんでしょうね。

 坪口先生の魅力は、人を明るく元気にするところ。そんな話にもなりました。たしかに坪口先生とお話しすると、元気になり、明るくなれました。歌声もそうです。ソアーベの歌声を聞くと、明るく元気になれました。まるで坪口先生のお人柄が歌声になったようです。

 場所をうかがって、お墓参りをしました。
 何だかいろんなことが思い出されて、目頭が熱くなりました。

2012-08-12 14.26.01.jpg

 不思議です。坪口先生とは、そんなに何回も会っているわけではないのに、僕の中では大きな存在です。

 坪口先生は、僕の中で確実に生きています。
 団員の皆さんの中にも生きていると思います。

 今日も、福井ソアーベ児童合唱団、最後の定期演奏会に向けて、動いていました。
 坪口先生の生前と変わらず。

 このような温かいつながりを残された坪口先生。そんな温かいつながりを僕もつくりたくて、合唱にのめりこんだんだろうなあと思います。
 
 僕の理想とする人です。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校