So-net無料ブログ作成

琉那さんへ、うまく歌えるコツ!? [合唱]

 6年生の琉那さんという女の子から、こんなコメントをいただきました。

 今年、本校の合唱団でも希望のひかりを歌わせていただいています。そして私たちは、史上最大人数の34人のメンバーが揃いました。今までは、32人などでした。でも、今年は小6で最後の合唱団生活になります。なので、今まで以上の練習をしています。34人と、先生を加え合計35人でコンクールに出ます。誰かうまく、歌えるコツがあったら教えてください。

 コメント欄でお返事しようと思ったのですが、コメント送信が失敗続きなので、記事にしてお答えしようと思います。

 その前に、琉那さん、メンバーがそろって、本当に良かったですね。
 最近はみんな忙しくなって、部員も中々集まらないものですが、これは琉那さんをはじめ先生の情熱の賜物でしょう。

 さて、うまく歌えるコツというと、Nコンマガジンを見ると良いでしょう。武田雅博先生、すごいですよ。上手く歌えるヒントがたくさん詰まっています。リンク先はここです。

http://www.nhk.or.jp/ncon/pr_info/magazine.html

 また、指導者の先生はその専門の方でしょうか?でしたら、先生のおっしゃることをよく聞き、みんなで一つになって練習することです。
 
 琉那さんやみんなだけでできることといったら、楽譜を見てのピアニカ練習が効果的だと思います。これは多治見少年少女合唱団でもやられている方法で、音がよく取れるようになります。またピアニカは、息を使って吹くので、呼吸のトレーニングにもなります。
 合唱のベースは、正確な音程とリズムです。どんな歌い方であっても、これは基本だと思います。まずはこれをしっかりすることだと思います。

 更に歌詞を音読することも効果的です。
 気持ちを込めて、語頭(言葉の頭)を強く、声優になったつもりで読んでみるのです。
 また、カ行やサ行、ハ行、ナ行などの子音も意識するといいと思います。言葉を大切にすることも基本だと思います。
 
 そして歌詞から、そのイメージを想像してみるといいと思います。すると歌声は変わっていきます。でも、これは指導者の先生の仕事かな?

 いろいろと書こうと思ったのですが、合唱の練習法は山ほどあります。どんな声、どんな歌を目指したいかによって方法は変わってくると思います。

 今年の僕は、とにかく子供たちの生きた声を目指しています。一人一人の良さがパッチワークのような模様となり、心地よい歌声になったらいいなと思っています。

 そのためには、基本を押さえつつも、歌を歌うことを楽しむことだと思います。
なんだかまとまらない内容になりましたが、少しはお役にたったでしょうか。

 どうぞ、楽しんでがんばってください。合唱って楽しいものです。みんなで一つのものを作り上げる楽しさを感じながら、練習を積み重ねていってください。
 僕たちも顔晴ります。
 お互い、がんばりましょう。

PS.他の方も、もしよければ書き込んであげてください。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校