So-net無料ブログ作成

勉強になりました!合唱の研修会!全日本派遣講習会! [合唱]

 今日は、団員たち7名を連れて、全日本派遣講習会という合唱の研修会に行ってきました。
 なんとわが県のNコンで、ずっと金を取り続けている合唱団の歌声を聞ける!というので、行きました。

 講師は片山みゆき先生。合唱指揮者です。
 勉強になったことがいくつもありました。(なお、文責はすべて私ムッシュにあります。)

 片山先生は、立ち方を重視されていました。
 足の裏から地球のエネルギーを感じて歌う!!

 良い言葉だと思いました。

 そして次のような足のストレッチ運動?を指導されました。

 足の指を広げ床をつかむように押さえたり、離したり。
 これらのことは、腹筋を使うことにつながっているそうです。
 確かにやってみると、足の指を動かすことで、腹筋が硬くなっていることがわかります。

 また、次のような動きも指導されました。

 ・前に出ている足に体重をかける。
 ・かかとに体重をかける。
 ・足を少し開き、軽く屈伸。足曲げ→伸ばして(手ポン)→足曲げ→伸ばして(手ポン)
 ・上半身の力を抜いてブルブル。
 ・上半身を90度に曲げ、手をブラブラさせる。
 ・背中を反らす。
 ・足の指を手で一本一本マッサージ。
 ・足首を回し、マッサージ。

 「歌うときに必要な筋肉を動かすために行なっている」と説明されていました。歌うときには、体のあらゆる筋肉を使っていることがわかりました。
 歌う前にこういう運動を取り入れていきたいと思いました。

  片山先生のご指導で参考になった点を書いておきます。

・足にぐっと力を入れて安定した立ち方をすること。
    足をグッ、かかとをグッ。重心を下。
・肩をあげてシューーーーと息を吐くと、おなかがへこむ。その状態で息を吸うとお腹がふくらむ。腹式呼吸が体感できる。
・動くと声が安定しない。特に前後の動きは、声がぶれてしまう。

 なるほど~と思うことしきりでした。

  そのためには、まず自分自身を磨くこと。
 いろんな意味で、勉強になりました。

 こういうすばらしい勉強の機会を与えてくださった石川県合唱連盟のみなさんを始め、片山先生、ありがとうございました。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校