So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

急成長に変わってきている時 [合唱]

 今日の合唱練習。だんだん子供達にスイッチが入ってきました。
今、加速度的に、輝いてきています。
 これを見るのが好きです。

 動きが素早くなってきました。
 どんどん歌声が変化して行きます。
 急成長に変わってきている時。

 子供ってすごいです。輝きだすと、どんどん輝いていきます。
 本格的な合唱団らしくなってきました。
まるで部活のようです。

 お互いにどんどん成長していこう。
 Nコンまであと2日。


股割りをして歌うと、いい声が出る理由 [合唱]

 今日はすごい一日でした。
 たくさんの学びがありました。
 
 股割りをして歌うと、いい声が出る理由がわかりました。
 大きな声を出そうとすると、胸に力が入ってしまいます。
 しかし、股割りをすることで、下半身に力が入ります。すると胸に力がはいらなくなり、すーっといい声が出るのです。
 下半身に支えを持って、上半身はリラックスすること。
 いい声をだすポイントがわかりました。

 その他、書ききれないほどのたくさんの学びが。

 本当に素晴らしい一日でした。


否定語を使うな、全力投球、一気に駆け上がろう! [合唱]

 今日の合唱練習、どうしようか、迷いました。
というのは、用事があって休む団員が5名もいたからです。
日曜日の練習を休みにしようかな。
本当に迷いました。
団長をはじめ、何人かの子供達の所に電話し、相談しました。

大会直前の日曜日に休みを入れないのには理由がありました。
それは、規則正しい生活が維持できること。
また、今の力を維持できることがあります。

 普段月曜日には、休みボケの子供達がいます。その状態を防ぐ意味がありました。
 でも、2年生の子供達もいます。

 迷いに迷いぬきました。

 でも・・・・結局予定通り、決行することにしました。
それは、脳科学者、林成之さんの理論が決め手になりました。
 林さんはは2008年、北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について選手たちに講義を行い、結果に大きく貢献した人です。

<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

  • 作者: 林 成之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/10/21
  • メディア: 新書


 
 林さんは、北京オリンピックの日本競泳チームに、「否定語を使わないこと」「ゴール前では一気に駆け上がる、と考えること」ということをアドバイスしました。そして、その結果、すばらしい成果を出したのです。

否定語を使うな、全力投球、一気に駆け上がろう!

 さっそく自分自身、実行に移しました。
迷いを吹き飛ばし、朝5時に学校に行き、指揮の練習をしました。
否定する気持ちを吹き飛ばし、一気にやって駆け上がろうと思ったのです。

やって、本当に良かったです。
子供達が来る頃には、指揮のやりかたが見えてきました。

否定語を使うな、全力投球、一気に駆け上がろう!

林成之さんのことを紹介しながら、これらの言葉を説明し、これを合言葉に、練習をはじめました。
いつもよりハードに練習をしました。
すると、どうでしょう。子供達、グングンついてくるではありませんか。
僕自身も練習をしながら、指揮に自信がついてきました。

また、昨日の電話のおかげで、練習方法を改善するきっかけもつかめました。それは、同じ事を3回以上しないこと。ついつい定着させようと何度も同じ事をさせてしまいます。疲れた子供たちの表情はそれが原因だったのです。それをあえてしませんでした。多くても3回。

テンポよく練習が進みます。
伸び盛りの子供達。
すばらしい子供達。

練習後、「今日、練習やってよかった人?」と聞くと、
全員の手があがりました。

 本当に練習をやって良かったです。また一歩、僕も子供達も成長しました。

 人にはそれぞれスイッチがあるような気がします。それが入っているのか、切れているのかの違いだけで、人は大きく変わります。
 Nコンまであとわずかです。一人一人のスイッチが入るよう手助けをしていきたいです。輝く子供たちの姿を見せてあげたいです。それが、見ている人に感動を与え、歌う子供たちの喜びにつながることだからです。

 Nコンまであと5日。


準備 [名言]

 今日もNコンに向けての合唱練習でした。
 一日一日と時間は過ぎていきます。
 その練習の中身が大切です。
 今必要なことは何かを考え、練習内容を組み立てる。
 日々、その準備に時間がかかります。

 同じ時を過ごします。その時何をして過ごすかによって、勝負は決まります。
 いい時間を過ごさせてあげるためにも、準備は大切です。

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。 イチロー

成功する商売の術は、90%の準備と10%の売り込みからなる。‥‥バードランド・キャンフィールド

チャンスは周到な準備をした者だけにやってくる。‥‥小柴昌俊(ノーベル賞学者)

さあ、明日の準備のために、今日は早く寝ます。


本当にたくさんの方々に支えられています [合唱]

  Nコンまで一日一日と近づいてきました。
今日は、合唱をやっている先生にレッスンをお願いしました。
女の先生で、強みは見本の声を出せることです。

低音のパートをお願いしました。
すると・・・何ということでしょう。

約15分程度のレッスンなのに、歌声がガラリと変わりました。
本当にありがたかったです。
自分でその声が出せるって、強いなあと思いました。

 自分のできない部分をやってもらうことで、みんなうまくなります。
なんでも自分ひとりでやろうと思わず、いろんな先生に頼り、指導してもらうことが大切だなあと今日は思いました。
 また頼もうっと。

 これは合唱だけでなく、教育全般に言えることではないでしょうか。
 前校長先生を始め、ピアニストのYさん、そして串田先生や今日の先生。保護者の皆さん。
 本当にたくさんの方々に支えられています。
 ありがたいです。


人は希望によって救われる [名言]

逆境においては、人は希望によって救われる。メナンドロス(作家)

 Nコンまであと7日となりました。今の時期、一番苦しい時期かもしれません。
子供たちの疲れが見えてきたとき。

  でも、それが過ぎると体がなれてきて、本番にベストの状態になっていきます。
 走ることがそうです。ある時期を過ぎると、走るのが気持ちよくなってくる状態に体が変化して行きます。

  今は、自分たちの目標をしっかりと意識して、そこに向けて希望を持つようにすることが大切だと思います。

  希望は意識しないと見えてこないもの。
 あせりは禁物です。

 意識して、希望のひかりを見続けて本番を迎えたいです。


歌声がどんどん変身!串田淑子先生のレッスン [合唱]

 今日はすごかったです。
合唱の練習です。なんと声楽の先生のレッスンを受けたのです。
その先生が、す~~~~~っごくすばらしい先生だったのです。

串田淑子先生と言います。

発声の仕組みを教わりました。

体を楽器にするために、屈伸や前屈などをして、いろんな筋肉を動かしました。
すると、みるみる声が出るようになってきました。
まず、体をほぐすことが大切なんだとわかりました。

 あと、発声は、ハードとソフトに分かれているという説明があり、これはストンと僕の中で落ちました。

ハードは、呼吸、息の流れ、声帯です。
 これらがないと声は出ません。パソコンで言うと本体です。
 そのためのトレーニングをいくつかやりました。
 またわりで歌う。ワキの下を持ってもらって歌うなど。

これに、響きをつくるために、以下のようなソフトをインストールするのです。

鼻腔が響くソフト
のどが響くソフト
胸が響くソフト

 特に鼻や目の周りなどの鼻腔が響くソフトは重要です。

その一番良い方法は、口をあけたハミングだそうです。
鼻に息がいくのがわかります。
そして、そのハミングのあとの声はまた、かわりました。

その他にも参考になることがいくつもありました。

Oの口でAを発声するといい。
頭なぜなぜすると声が頭から前に行く。
言葉は舌と唇を鍛えること。
舌を出したり入れたりすると、言葉がはっきりするようになる。

おもしろかったなあ。

歌の指導の大前提は、楽しく歌うことが大切だということ。

本当に納得することばかりです。

 一番感動したのが、声のクリニックです。
 希望者の子供たちの一人一人の歌声を聞いて、様々な手立てで、すてきな声に変えてしまうのです。

 今まで何年も薄い声だった子が短い数分間の間に、しっかりした声を出せるようになりました。

 のどのせまかった子が、すばらしい歌声に変身していきました。

 感動しました。
 本当にマジックを見ているようでした。

 今の合唱団の課題は、響きで統一感を持つことだといわれました。
特に下の声のひびきをきれいに。

 声楽家って、本当に声のプロだと思いました。

 笑い声の絶えないすばらしい至福の時間でした。
串田先生、そしてこの会をお世話してくださった、教育会のみなさんに心から感謝します。

僕も子供達も、また大きく成長できました。
ありがとうございました。


素のままの自分で結果を出せる仕事はない [合唱]

 致知出版社の「人間力メルマガ」というのを配信してもらっています。そのメールマガジンにこんないい文章がありました。

吉本興業で横山やすしさんのマネジャーをされていた
大谷由里子さんから教えていただいた話ですが、仲間内で面白い人は

「あんた、吉本に行ったらいいんちゃう?」

と言われて来るんだけれど、大したことないと。

それよりも、素は面白くないけれど
懸命に漫才の台本をつくり込んだり、
アドリブ用の台本をつくって覚えたり、
ビデオで撮って見直して、
「ここは削る」「ここは膨らます」と、
つくり込んでいく人は生き残っていくそうです。

営業もまったく同じで、お客様の前で
何気なくやっていい言動は一つもありません。

むしろ、練習していない下手な説明を聞くのは、
お客様も苦痛です。

どんな職業も、素のままで
結果を出せる仕事はないと思います。

長谷川千波(LUNA社長)『致知』2012年8月号 特集「知命と立命」より

救われる文章でしょう。
特に今の僕にとっては、救いの文章でした。
というのは、今、合唱指導真っ只中だからです。

合唱に関しては、結構勉強してきたし、以前よりもマシに指導できるようになりました。けど、コンクールに出るには、もう一つ大きな難関があります。

それは、指揮です。
これは結構苦労している方も多いのではないでしょうか。僕もその一人です。

でも、この文章で救われました。

ようは子供達が歌いやすい指揮をすればいいのです。
まずは僕が歌ってみて、子供達が歌いやすいような指示を出したり、イメージを動作で示せばいいのだと思います。

僕用に言い換えるとこうなります。

「懸命に楽譜を読み込んだり、
アドリブ用の指揮をつくって覚えたり、
ビデオで撮って見直して、
「ここは削る」「ここは膨らます」と、
つくり込んでいく人は生き残っていくそうです。」

「どんな職業も、素のままで
結果を出せる仕事はないと思います。」

まさにその通り、僕も練習あるのみです。


Nコンに向けての本格的な夏練!夢をかなえてあげたい [合唱]

  今日もNコンに向けての本格的な夏練でした。

  練習の内容は企業秘密で書けませんが、うれしいことがあります。
それは、前校長先生と新ピアニストの応援があること。
二人は毎日来てくれます。本当にありがたいです。
無償で、合唱団の子供たちのために。
考えると涙が出そうなくらいうれしいです。

 団員の子供達も火がついてきました。
 少しずつ少しずつ、どう行動したら良いのか教えています。それを素直に受け取り、行動してくれる子供達。
 始まったばかりの夏練ですが、いいスタートを切っています。
 
 「夏休みに集まって練習なんて、大変だ」という見方があります。事実、そんなことを言われたこともあります。

 でも、見方を変えると、ただ遊ぶことは、いつでもできること。
 
 こんなふうにみんなで一つの目標に向かって熱く努力することは、お金では得られない体験です。

『すべての基本は熱中である。そして熱中は純真な心から生まれる』 エマーソン

『夢なんて見るモンじゃない 語るモンじゃない 叶えるものだから』 小室哲哉

『私たちは夢を生きることができる……ただ夢見るだけでなく』 B・N・カウフマン

 子供たちの夢を叶えてあげたいです。


Nコンに向けての準備の一日 [合唱]

 今日は、Nコンに向けての合唱練習の準備の一日に当てました。

まず、課題曲「希望のひかり」の修正部分の確認。

  それから、自由曲の楽譜を分析しました。
  そこでとっても役にたったのが、武田雅博先生の短時間でうまくなる合唱指導です。

音楽指導ブック 短時間でうまくなる合唱指導

音楽指導ブック 短時間でうまくなる合唱指導

  • 作者: 武田 雅博
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 特に書き込みのすすめとして、
楽譜上の楽語や指示記号があるところすべてに自分の言葉で具体的なイメージを書き込んでみるのです。fの所にただ「強く」「大きく」ではいけません。「大聖堂に響く鐘のように」とか「群集の悲しい叫びのように」といったように書き込むのです。

 という部分が参考になりました。さっそく自由曲の記号のあらゆるところに書き込みました。なかなかうまく行きませんでしたが、合唱指導では具体的なイメージを持たせるために、例えが有効です。その例えを考える訓練になりました。合唱指導は奥が深いです。これだけでも、授業がうまくなる訓練になります。

 また、勉強になったことが一つ。それは、声を止めるとき、3つの方法があるということ。
1つは、口で。
2つ目は、喉で。
3つ目は、腹で。

合唱では、この3つのうちのほとんど一つの方法しか使わないそうです。
上のどれでしょう?

 正解は、3つ目の腹です。
腹でとめるって、よくわからないかもしれませんが、具体的に言うと、喉を開けた状態で、息をだすのをやめるのです。すると、語尾がやわらかくなります。
喉や口で声を止めると、雑な感じの終わり方になってしまいます。
自分でやってみて、よくわかりました。

さらに僕は男なので、喉で声を止めたとき、喉仏が上に上がります。
けどお腹で止めた時、喉仏は動きません。
これ、明日、子供達に実演して見せてあげようと思います。

いや~~、合唱って奥が深いです。
だからこそ、おもしろい。

さあ、明日からがんばります。