So-net無料ブログ作成

ト音記号とヘ音記号の関係 [授業]

 今日の6年生の音楽の時間、「ト音記号とヘ音記号の関係」について説明しました。

 自分では一生懸命説明したつもりでしたが、楽譜に階名を書く段階で
「わからん」「わからん」の大合唱でした。
 申し訳ないと思ったので、こんな図を作ってみました。

ト音記号とヘ音記号の関係.jpg

 今度の音楽の時間、これでリベンジするつもりです。

 ちなみに、「ドレミファソラシド」という楽譜の読み方、イタリア読みだったってことご存知でしたか?
 また、ト音記号はが変化していった記号、
     ヘ音記号はが変化していった記号だそうです。

そういえば、米英音名の「G」のところが、日本音名では「ト」に、
「F」のところは、「ヘ」となっています。

 僕が小学校の音楽で落ちこぼれたのも、ここの部分です。

 楽しいはずの音楽が、こんなところで嫌いにならないように。そして「ヘ音記号」の音符と鍵盤の関係がわかるように、これを大きく拡大し、前に貼っておきたいと思っています。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校