So-net無料ブログ作成

だんだんとツボミが花へと [授業]

 音楽の授業が楽しくてたまりません。それは今までの継続が少しずつ形になってきたからです。クラスに差はありますが、だんだん子供たちの声が出るようになり、そしていい声になってきました。

 4月当初は、とにかくお腹から声を出せば花丸といったスタートでしたが、今は、声がだんだんそろってきました。鼻腔を使った声も出るようになりました。特に週に2回確実に音楽ができる3,4年生の子供たちの成長は、本当に顕著です。

 もうそろそろ通知表のことも意識しなくてはいけません。

 一人一人歌のテストというのはしたくはありません。そこで、シール方式でやっています。

 それは斉唱の時一人一人の声を聞いて歩き、いい声の子の手にシールを貼っていくという方法です。これは、ハンガリーのカリスマ音楽教師、デーネシュ・サボー先生の真似をしたものです。その先生はいい子のおでこにシールを貼っていました。(でもそこまではできませんよね。)

 あとでシールを貼った子供達に前に出てもらいます。そして、どこがいいのかみんなでみつけようという時間を持ちます。(もちろん出てきた子だけでなく、みんなで歌いながらです。)

 すると、
口をたてにあけている
体を使っている
目を大きくあけている。
体をつかっている。

などの意見が出ます。いい声の子供達はたいてい体をうまく使っています。特にお腹を使っている子はいい声を出します。筋力が発達しているのか、男の子にいい声の子が多いです。

 そして、一人一人自分の名前を言ってもらい、席に戻ってもらいます。僕は閻魔帳にそれを記録していきます。

 シールは教科書に貼ってもらうことにしています。
 
 これ、選ばれた子達にとって励みになるようです。また評価もできるし、一石二鳥です。

 ここで大切なのは、選ばれなかった子供達へのフォローです。

あともう少し!というおしい子が何人もいました。
あと1mm口をたてに開けていたら
あと少しお腹を使う意識をもっていたら・・・確実に選ばれた人が何人もいます。

歌ってどんどん上手くなります。また間をおいてやってみます。

 実際にみんな甲乙つけがたいほどいい声になっています。
そして再度斉唱するとき、選ばれなかった子達に声をかけていきます。
「うん、その声だ。」
「いい声だ」

 少しずつ少しずつツボミが花開きつつあります。たくさんの子供たちの花が見られそうで、とても楽しみです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校