So-net無料ブログ作成

坪口純朗先生の葬儀に参列してきました [合唱]

 今日、福井ソアーベ児童合唱団の坪口純朗先生の葬儀に参列してきました。

坪口先生は、僕が合唱に深く入り込むきっかけを作ってくださった方です。
僕の憧れの方です。。
そして、人生の目標でもある方でした。

 坪口先生がお亡くなりになったことは、今でも信じられない思いです。いや、信じたくない思いです。でも、自分の中でケジメをつける意味で、今日は合唱団の練習後、福井県へとんで行きました。

2012-05-26 13.22.21.jpg

 本当にたくさんの方が来られていました。車がなかなか停められませんでした。葬儀場周辺の道路も車でいっぱいでした。
 建物の入り口からはみ出るように、焼香の列ができていました。

2012-05-26 13.28.20.jpg

  坪口先生の優しいお顔の写真が飾ってありました。本当にお亡くなりになったのだなと、あらためて、現実感がわいてきました。

2012-05-26 13.42.34.jpg 

 長い長い焼香の列でした。たくさんの方々の思いが会場の中いっぱいに溢れていました。

  焼香が終わり、女先生にごあいさつしました。
「温泉の先生」と声をかけてくださいました。
僕は、
「坪口先生には本当にお世話になりました。坪口先生は僕の中で生きています。」
そんなごあいさつをさせていただきました。

  出口付近には、子供達の作文が飾ってありました。

2012-05-26 14.14.15.jpg

「つぼぐちせんせい うたをおしえてくださってありがとうございました。これからもきれいなこえで、ことばをたいせつにうたいます。てんごくできいてください。つぼぐちせんせい、だいすきです。」

 この作文が示すように、坪口先生は本当にあたたかくってすばらしい方でした。

 今日は、僕の中に坪口先生の魂を刻みこんできました。絶対に忘れないように深く刻み込んできました。

 坪口先生はお亡くなりになりましたが、坪口先生は、たくさんの人の中に生きています。僕の中にも、確実に。

 そして、先生の魂をいつもみつめ、これからの人生、坪口先生のように、歌を通して、子供達に生きる喜びを伝えていきたいと思っています。

  最後に、坪口先生指揮によるソアーベ児童合唱団の「バラが咲いた」の曲が流れました。涙が止まりませんでした。

 坪口先生は、みんなの中で、このバラのようにきっと咲いていることと思います。そして、僕の中にも咲いています。坪口先生、本当にありがとうございました。どうぞ、天国で見ていてください。

バラが咲いた バラが咲いた
真赤なバラが
淋しかった ぼくの庭に
バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ
小さなバラで
淋しかった ぼくの庭が
明るくなった
バラよ バラよ 小さなバラ
そのままで そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた
真赤なバラで
淋しかった ぼくの庭が
明るくなった

バラが散った バラが散った
いつの間にか
ぼくの庭は 前のように
淋しくなった
ぼくの庭の バラは散って
しまったけれど
淋しかった ぼくの心に
バラが咲いた
バラよ バラよ 心のバラ
いつまでも ここで咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた
ぼくの心に
いつまでも 散らない
真赤なバラが


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校