So-net無料ブログ作成

前校長先生とのコンビ復活!感謝です [合唱]

 今日は合唱練習の日でした。久々に前校長先生に来ていただきました。

 前校長先生に来ていただいたのは、音程とリズムが正しいか見ていただくため。
 今はこの2点を重点的にやっているのです。
 
 ある合唱指導の指揮者に聞いたところ、「合唱はある意味、数学である。」とのこと。
 音程とリズムは数字の世界。これは土台にあたる。これがしっかりしていることがとても大切。逆にここがしっかりしていれば、いい合唱になる。

 なるほど~と思いました。

 そこで今は強弱や表現は考えずにこの2点に重点を置き、指導しているのです。

 前校長先生が来るまでの間、いくつミスを指摘されるか、予想してみました。10箇所以内という子が5人。10個以上20個未満というのが残りの子供達でした。

 どんなミスを指摘されるかも予想してもらいました。

 音程のあやしいところ数箇所。
 リズムのおかしいところ一箇所。
 伸ばしが足りないことも言われるだろうなあと意見がでました。

 そして久々に前校長先生の登場です。
 全員笑顔になりました。

 一度歌を聞いてもらいました。
 最初に言われたのが、(v)の意味。
 ここは、ブレス(息)をしてもいいが、むしろしないほうがいい。ということを言われました。

 そして、いよいよ歌いながら、ミスの部分をお直しされていく作業にはいりました。

 合計10箇所でした。

 子供達や僕たちのほぼ予想通りの場所を指摘されました。

 新たに勉強になったことがありました。それはV(ブレス)の記号の大切さ。この記号のある所では息を吸い、残りの部分は息を吸わないでがんばって歌うということです。

 ブレスの記号のあとには、クレッシェンドの記号がついていたり、長いフレーズだったりして、かなりがんばらないといけないところなんですが、そこを息を吸わないで一気にお腹を使って歌うと、かっこよくなるのです。

 そうやって注意してみてみると、聞かせどころ(盛り上げる)前にはV(ブレス)の記号がついているのです。V(ブレス)って、ただついてるんじゃないんですね。
 
 前校長先生の登場により、音楽的な知識が増えました。

 前校長先生とのコンビ、復活します!!しかし、今年は僕の味を混くしてのコンビ復活です。本当に感謝です。

 どんな合唱が生まれるでしょう。楽しみです。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校