So-net無料ブログ作成

坪口先生が出演したテレビを見ました [幸せに生きる]

 坪口先生が出演したテレビを見ました。
あれから何度も見ています。その度に、坪口先生は映像を通して、生きる上で何が大切かということを教えてくれます。

一人一人の声に耳をすます坪口先生。
一人一人に声をかける坪口先生。
一人一人を大切にしています。

uvs120504-004.JPG

「下手でも声が出てなくても音程がはずれても、怒らない先生。」
この団員のコメントに胸が熱くなりました。

「みとめられると子供達はうれしい。」と坪口先生はおっしゃいます。
そういう気持ちが自分にはあっただろうかと問い直します。
心のそこから、一人一人を大切に思い、一人一人の良さを見つけようとしてられる坪口先生のご指導。あたたかいものを感じます。そこからあの明るい声が生まれるのでしょう。

ウィーン世界青少年音楽祭の映像を見られたのもうれしかったです。
大舞台だというのに、あの明るい声で楽しく歌い、特別大賞を受賞してしまったのですから。

 担当のお医者さんに「11月までがんばりたい。」と明るく答える坪口先生の笑顔に、またまた勇気を頂きました。

全国から卒団生がどんどんとやってきています。
撮影当日、僕たちもかけつけました。
何かできないかという気持ちで。
みんな同じ気持ちだったのでしょう。

 僕は、坪口先生とお会いした回数はそんなに多くはありません。しかし、僕の中では坪口先生は特別な人です。大きな存在です。そして、かけつける人たちやソアーベの団員にとっても、その気持ちは同じなのでしょう。

一人一人に握手される坪口先生。
うれしそうな坪口先生。

僕だけではだめなんだ。
子どもも一緒だよって それが離れない
離れないことが助けになっている。
子どものこと離れたら
自分のことしかこだわらなくなっちゃうね。

僕はずいぶんと子どもに助けられています。

 この坪口先生のお言葉が、心に響きました。
本当にその通りだと思います。
自分のことしか考えなくなってしまうと、つらくなってしまう。
子どもがいるから、楽しい。一緒に楽しんでくれる子供達がいるから、楽しいのです。この原点の気持ちを大切にしたいです。

歌を通して 歌う喜ぶことで
生きる喜びを伝えたい
そして 自分なりの個性を発揮させれば
世の中明るくなるんだよ

uvs120504-005.JPG

坪口先生、すばらしい人生を送られています。最後の最後まで、坪口先生らしい生きざまを見せてくれます。そして、何が大切かということを、命をかけて押してくださっています。

福井ソアーベ児童合唱団定期演奏会は11月24日です。

ぼくも笑顔でがんばります。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校