So-net無料ブログ作成

授業は、子どもたちとともに作るエンターテーメント [授業]

 今日も全力でした。
一時間、一時間が、ステージです。いかに子ども達(お客さんに)満足してもらえるか。
歌あり、リコーダーあり、リズム遊びあり。
子供達とともに作る一つのステージです。

 今日、若い先生が音楽の授業を見に来ました。
どうも声が出ないという自分のクラスの子供達の授業です。

 「僕の授業の時は声を良く出しますよ」って言ったら見にきてくれました。勉強熱心な先生です。

 声を出すようになるような練習法をいくつか見せました。

チームに分けて、立ったり座ったり。
「はいっ」の返事合戦・・・赤白にわけ、どちらが大きな声で返事ができるか。
まねっこ遊び。・・・ひたすら僕の真似をする。
リズム遊び・・・手を叩いたり、足踏みしたり、体を叩いたり。

 こんなふうに声と体を動かすことで、体と心ががだんだん温かくなり、子供達が解放されてきます。すると、声も出てきます。

その先生に伝えたかったのは、まず教師が心を解放し、楽しむこと
すると、そのムードは子供達に伝染していきます。
そして、解放されてきた子供達をどんどんほめていき、それをだんだん教室全体に広げていきます。
だから、子供達を真剣に見ている必要があります。
でもこわい顔じゃなく、宝物をみつけるような目で。素敵なものにピントをあわせた目で。

 歌の指導に入ってやるのは、まず、山場で響かせる練習。声を出して、気持ちよくなってもらう。自分の声に酔ってもらい、更に気持ちを解放させます。

 そしてみんなで歌うときは、一人一人の歌声を聞いていき、良いところを小声やOKサインでほめていく。

 全体だけでなく、一人一人の評価をしていきます。

 僕の指導って、決してスマートではなく、子どもとともに汗をかき、ある意味、不器用なやり方です。でも、それが僕のやり方。

 授業というのは、子どもとともに作るエンターテーメントだと思うのです。授業というステージの上で、僕は子供達と遊ばせてもらっているのです。クッタクタになるけど、毎時間がとても楽しいです。本当にしあわせなことです。

  その先生に、何かつかんでもらえたとしたら、うれしいです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校