So-net無料ブログ作成

福井ソアーベ児童合唱団の練習を見に行きました [幸せに生きる]

 今日は福井ソアーベ児童合唱団の練習を見に行きました。
坪口先生を一目見たかったからです。

  坪口先生いらしていました。車イスに乗ってらっしゃいました。
 昨晩は胃が痛くて、とても今日こられる状態ではなかったそうです。
 でも、今日出ていらっしゃいました。
 顔を見て、とても熱い気持ちになりました。

 坪口先生は、小さい子の歌声を聞いて、ひとりひとり声をかけてらっしゃいました。車イスに座っているとは言え、昔と変わらぬお姿をうれしく思いました。

 しかし、今日の坪口先生のご指導。ソアーベ魂を伝えようという気迫を何度も感じました。

ハイカラな日本語が大切。
指導が入ると、メリハリ。強弱がつき、ソアーベらしい歌に変化して行きます。。

 指揮の話を熱く語っていました。まるで僕に伝えようとしているのではないかと感じ、胸が熱くなりました。

次の言葉にドキッとしました。
ペコペコして死ぬんじゃなく、羽ばたいて死ぬ
坪口先生の今の生きざまに対する決意を感じました。

 特科生の練習で「わたしはリンゴを歌う」と女先生が言うと、オーという声がおこりました。この歌にはみんな特別な思いがあるんんでしょうね。

わたしはリンゴの歌いかた。指揮の仕方を教えてくれました。
まるで僕のために語っているような内容でした。

ちょっとしたことをていねいに。それがソアーベの歌を作っている。
指揮法で歌声を変えよう。
切るところと伸ばすところを分ける。
指揮の大切さを語っていました。

あっという間に練習は終わりました。
最後に握手をしていただきました。

練習場には暖かい空気が満ち満ちていました。
坪口先生がこうおっしゃっていました。
「みんなから、元気をいただいた。ありがとう。」

  こういう状況でも明るい冗談を言い、会場を明るい雰囲気にする坪口先生。強い方です。僕達のほうこそ、坪口先生から元気を頂きました。
  ソアーベの美しい歌声。そして成長した団員の皆さんを見ることができて、幸せでした。
  がんばって教えを受けているS君。軽やかな踊りを見せていただいた女先生。そして明るい笑顔で見守るたくさんの人・人・人。本当に僕の目指す幸せな空間がそこにありました。

生きる原点を見れたような気がします。幸せな時間でした。
今日は、本当にありがとうございました。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校