So-net無料ブログ作成

卒業式の歌 10分間の事前指導 [合唱]

 前日は通しの練習でした。
歌声はきれいだったのですが、山場でボリュームが出ませんでした。
これは、想定内です。その後、山場で響くようになる練習を10分間で行ないました。

 今日は総練習です。昨日行なった10分間の練習を事前に行ないました。
その指導メモをアップします。

メモ
明日は本番。涙の出るほどの感動を作りたい人、挙手→行動することが大切

めあて
感動を作るためには→山場で大きく響くこと+あとは美しく 
昨日、美しさ〇、今から山場で大きく響くようになる練習を10分間でします。

起立 姿勢(足 頭上げる 肩上げてストン)
発声→二回目(お腹に命こめる)合言葉:つばめ・口ラッパ・校章

①君が代で発声練習 ポイント(つばめ・口ラッパ・校章)
君が代は 千代に(八)千代に さざれ(石)の 巌となりて 苔(の) むすまで
・発声練習の場所( )をツバメのポーズをして教える。
・自分達でできるか、合図を出さずにもう一度歌う。

②「別れの言葉」で発声練習 ポイント(つばめ・口ラッパ・校章)
5年代表、〇〇小学校を作っていきます。→全員:つくっていきます。
このときのお腹の使い方で山場を歌う。

●卒業式の歌「さようなら」の指導
山場:ともにうたった よろこびを
僕→全員
「ともにうたった よろこびを」合戦(赤白対抗)  ポイント つばめ・口ラッパ・校章
全員でいくよ。
 ともにうたった よろこびを~
テスト「2題目」「3題目」
ここさえ響けば大成功。 

●校歌の指導
山場「かがやき光る 日本を」の部分
僕→全員
「かがやき光る日本を」合戦(赤白対抗)
全員でいくよ。
かがやき光る日本をー
山場で大きく響けば大成功です。

式の時、前に先生がいなくてもこれをやる。→本番でも大きく響く

 メモのようなことを10分間でテンポ良く行なったのです。
これらは、今までの練習で毎回やってきたことです。今日でこの指導は5回目です。子ども達勝手がわかっているので、次々とテンポ良く行なえます。
 繰り返すことで、声を響かせるポイント(つばめ・口ラッパ・校章)も定着していきます。

 今日の10分間の事前指導で、式での歌声のボリュームは確実にアップしました。

 明日は卒業式本番です。式の本番で声がでないと意味がありません。子供達が入場し、来賓入場までの10分間でこの指導を行なうつもりです。

 卒業生のために感動をつくってあげたいです。何かの参考になれば、幸いです。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校