So-net無料ブログ作成

授業ができることのありがたさ [授業]

 今日は、行事が重なりしばらくなかった2年生の音楽の授業が久々にありました。
と~~~っても楽しかったです。

 普段、教えるということをしてないせいか、授業というものをとってもとっても楽しく感じます。特に歌の指導。本当に楽しいです。

 一年の間に子ども達、ずいぶんうまくなりました。2年生レベルではありません。声だけ聞くと、4,5年生かな?という感じがします。また荒いけど、子供達の歌に勢いがあります。
 それは、子供達がこの音楽の時間を楽しみにしてくれていることがあります。また、僕自身もとっても楽しいからです。その楽しさが、イキイキとした歌声を作っているように思います。歌の技術や知識も大切ですが、歌う意欲の大切さを子供達から教わった一年でした。

 この子達のおかげで、音楽の授業のいろんな学習パターンを会得することもできま

まねっこゲーム
気をつけ、休めゲーム
テンポの良く発声!
アルプス一万尺
ハローハロー
どんな人が好きですか?
ジャンケン列車
リズム遊び
・手や体を使って
・声を使って
・グループで
階名唱に挑戦コーナー
映像を使ったピアニカ練習等など。

 様々な工夫をすることが楽しかったし、喜んでくれる子供達の顔を見るのも楽しかったです。

僕は、授業がすきなんだなあと心底思います。

 教師というのは、授業をするのが当たり前ですが、その当たり前のことができない環境に置かれた一年。心から授業の楽しさやおもしろさ。そして授業ができることの有り難さを感じることができました。子供達がいて、話を聞いてくれたり、僕の言ったことをやってくれたり、動いてくれたり、それだけでありがたいことです。

 それは、普段当たり前に思っている水がなくなったの時に似ています。乾きに乾いたときに飲む水のおいしいこと。教師にとって授業とは、水と同じなんですね。

 今日も、子供達のおかげで楽しい時間を持てました。

足・手・目
僕「ありがとうございました。」
子ども達「ありがとうございました。」

心からお礼を言いました。


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校