So-net無料ブログ作成

幸せなスキー教室! [幸せに生きる]

  今日は、子供達のスキー教室でした。僕も講師として、参加させてもらいました。これがもう本当に楽しかった。

DSC_0011.jpg

 僕が担当したのは、初心者の子ども達。最初から方針は決まっていました。それは、ほめる指導。ちょっとでも良い所をみつけては、ほめることを中心に指導していきました。
 初めての子に対しての指導は、ポイントがあります。僕の場合はこうです。

・スキーをハの形にするボーゲンを教える。
・膝を前にまげる。ブーツの前の部分に当たった弁慶のむこうずねが痛くなるくらい。

 すると、どんな子でもスピードを制御してすべれるようになります。

 でもそれ以前に、こわい、自信がない。という気持ちを少しずつなくしていくことが大切です。
 スキーをはけたことをほめ、はいて歩けたことをほめ。ゆるい斜面をハの形で滑れたことをほめ。
 そして、止まる方法を教えます。ハの字を広げていくと自然に止まります。これさえできるようになれば、こわいという気持ちはだんだんとなくなってきます。

 止まれたことをほめ、曲がれたことをほめ、転んで起きれたことをほめ。

 あとは、どんどんリフトに乗せ、すべらせいきます。すると子供達は見る見るうまくなっていきました。

 最終的には、中級者レベルの所まで行って滑れるようになりました。

 このほめる指導。お世辞でほめるのではなく、子供たちが滑れるようになることを心から信じて、ほめることが大切だと思います。とことん子供達の力を信じてほめる。すると、子供は自分の中から力を出していき、そんな姿になっていきます。子供達にはそんな力があると思います。

 スキーの指導。初心者の指導が一番おもしろいと思います。それは見る見るうまくなっていくからです。子どもの成長を見るのは、本当にうれしいものです。わがことのようにうれしくなります。

 本当に幸せな一日でした。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校