So-net無料ブログ作成

僕にとって「走ること」の意味 [幸せに生きる]

 今日、久々に走りました。10日ぶりのラン。こんなに日が開いたのは、僕が走り出して初めてのことです。しつこかった風邪もようやく完治したのです。

 本当に久々のラン。雪道の中、約100分のラン。本当に本当に気持ちよかったです。

 走れなかった間、僕にとって「走る」ことに大きな意味があることがわかりました。

走ることは、僕の自己肯定感を高めてくれる行為だったということです。

 「今日も走りきった。」
 その積み重ねが、自分自身を信じる証拠となり、知らない間に積み重なっていたのです。
 ですから、走れなかった間は、精神的にもどんどんと落ち込んでいきました。
 走ることは、僕の心を前向きにすることに、大きく貢献していたようです。
 
 走ることは、単調なリズムの繰り返しです。その繰り返しの中でいろんなことを考え、そのリズムの中で、時にはランニングハイとなり、前向きな気持ちで日々がスタートしていました。走ることは、僕にとって、とても大切な行為だったことがわかりました。

 当たり前だと思っていたものでも、なくなったとき、初めてそのものの大切さがわかります。

 走ることがそうでした。

 今日走れたことに、大きな幸せを感じます。そして、自分自身と上手く付き合い、明日からも走れる喜びを感じていきたいと思っています。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校