So-net無料ブログ作成

教師として元気になれるとき [授業]

 今日は朝から、気分が低迷していました。風邪を治すことに専念し、毎日走れない日々だということ。風邪薬で頭がぼんやりしていることもあります。いくら前向きな言葉を言おうが、行動をしようが、逆らえない気分の低迷状態でした。

  ところが5限目の音楽の授業。
 ほ~んとうに楽しかった。
 今月の歌、「歌よありがとう」の低音を教え、二部合唱に挑戦しました。
 子ども達見事にハモりました。そんな子ども達の喜ぶ顔を見ていると、ほ~~んとうにうそのように元気になりました。

 僕が教師として元気になれるときって、目の前の子どもたちのことを「すばらしいな、かわいいな」と思えるときなんです。
 小原茂巳(明星大学)たのしい授業2012年2月号より

たのしい授業 2012年 02月号 [雑誌]

たのしい授業 2012年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 仮説社
  • 発売日: 2012/02/02
  • メディア: 雑誌

 授業は教師を元気にしてくれます。
 子どもたちは教師にパワーを与えてくれます。

  「教師は授業するのが当たり前!」という感じで今まで来ましたが、授業ができない環境におかれている今、授業をできることを本当にうらやましく思います。

 思いっきり授業をしたい!!!!!心からそう思います。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校