So-net無料ブログ作成

本当に合唱指導って楽しい!授業って楽しいです。 [授業]

 4年生が二分の一成人式に取り組んでいます。そこで披露する歌の指導をお願いされました。「ゆかいに歩けば」と「いつだって!」です。
 二曲とも4年生の教科書に載っている曲です。

 クラスごとに指導して回っています。これが本当におもしろい。一時間もすると、歌声が変わっていくからです。僕の教えているのは大きく二つ。

お腹を使うこと
鼻腔を使うこと

 この二つで劇的に歌声は変わっていきます。

 お腹を使うことを教えるには、「はいっ」と返事をさせるのがいいです。お腹を押さえて「はいっ」って言うと、お腹が動くのがわかります。小さい「っ」まで言わせるのがポイントです。「お腹を使っている証拠だよ。」と教えます。そして、教室を半分に分けたり、列ごとにしたりして声の大きさ合戦をします。これが後の「スタッカート」の表現につながっていきます。

 きれいな声も大切だけど、まず声を出すことが大切だと思います。地声でも何でも、お腹から大きな声を出すこと。でないと歌声にパワーが出ません。
 
 その次に鼻腔を使うことを教えます。

 鼻と口とはつながっているんだよ。あわてて牛乳飲んで、鼻から牛乳が出てきた人いるでしょ。
 ご飯を食べていて、「はっくしょ~ん」。鼻にご飯粒いっちゃった人いるでしょ。
 
 これで、いつも受けます。

 鼻の奥には大きな空間があって、ここを響かせるといい声になるんだよ。その響かせ方を教えるよ。そう言って、ミッキーの声を出します。
 みんなでやります。

「ぼくミッキー」
「ぼくミッキー」

全部、武田雅博先生に教えてもらったことです。

 そうやって、お腹を使うことと鼻腔を使うことを交互にやっていくと、歌声はおもしろいようにどんどん変わっていきます。

 ここでは書ききれませんが、合唱指導には、お腹や鼻腔以外にも、指導のポイントがいくつもあります。伸ばすところ。声の向き。口のあけ方や目の向き。立ち方や表情。言葉。高い声の出し方や低い声など・・・

  歌声を聞いて、足りない点を押さえていきます。みんなで大笑いしながら、歌声を作っていきます。最初の頃は、みるみる上手くなっていきます。本当に合唱指導っておもしろいです。

  終わった後は、みんながお礼を言ってくれます。こちらこそ感謝です。こんなに楽しい時間を持てたんですから。心からお礼を言います。

 本当に合唱指導って楽しい!授業って楽しいです。

 自分の得意なことで、みんなに喜んでもらえるなんて、最高です。残りの教師人生、そんな時間をたくさん過ごしたいと改めて思いました。

 ぼくはもしかすると、合唱団で歌を極めることよりも(これはこれで楽しいのですが)、普通の子供達と歌の時間を楽しむ方が好きなのかもしれません。

 4年生の子供達に感謝です。明日も楽しみです。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校