So-net無料ブログ作成

アンサンブル合同練習での他の先生のレッスンより [合唱]

  今日は、昨日の他の先生方のレッスンの様子を何度も聞いていました。
レッスンの様子を録音させてもらったのです。
 本当に勉強になることしきりでした。
 自分のためにも、そしてこのブログを読んでいる人のためにも、まとめてみたいと思います。(なお、これらは合唱団の子供達の練習法です。ご了承ください。)


大会まであと一週間。その間でできること。

言葉を大切に!
スラーがついている部分はなめらかに歌う必要がある。でも、言葉を大切にする。
語頭を意識し、少し早めに出す。
「たいせつ」だと「つ」がどうしても強くなってしまう。弱めに

鼻濁音
 途中の「がぎぐげご」は、鼻濁音で発音する。例えば「めがね」の「が」、「おにぎり」の「ぎ」、「もぐら」の「ぐ」、「めぐり」の「ぐ」など
 最近はなかなかできない人が多い。

・その練習法
一人一人、歌っていく。
例「めぐり」「めぐり」「めぐり」「めぐり」「めぐり」
 誰がいいのか、みんなで確認していく。
 いい子の歌い方を真似し、歌う子を一人一人増やしていく。

 どうしても上手く歌えない子は、「めうり」とあいまいに歌うことで、ごまかすことができる。正しく鼻濁音で歌っている子が助けてくれる。(これは表現読みなどの時にも生かせると思います。)

声質をそろえる
 アンサンブルは人数が少ない。一生懸命声を出さなくてはいけない。でも声質の違いが目立ってしまう。だからこそ、声質をそろえる練習が必要。

・声質をそろえる練習方法
例えば「おー」。いろんな「おー」があります。
一人一人歌わせる。
「誰の歌い方がいい?」と問う。
みんなで選ぶ。
いい子の歌い方を真似して一人一人加えていく。
すると、声質がそろっていく。
鼻濁音の練習法とよく似ている。

伸ばす音
伸ばす音は全員きちんとそろえる。
例えば、二部音譜の伸ばし方・・・123と伸ばす(3拍目で切る)
伸ばす音に気持ちを込めて。
特にきれいな曲は伸ばす音に気持ちを込めるのがポイント。

発声について
声を出す時は、ほえない
しっかりとお腹を使う。(パンチ)
声を顔の中央に集めて出す。
口も目もあけて
歌うときの目線は上。下を向いて歌わない。
目線、ほっぺをあげる。

役割
人と違うメロディを歌う人は、そこが主役

主役と脇役の役割を意識する
 習字の場合、漢字とひらがな同じ大きさで書くとひらがなが目立っちゃう。控え目にする人は控えめに。特にぶつかる音。例えば、ドとレが同時に和音にある場合、どちらかが少し控えめにしなければいけない。

 今後、歌いこんで、言葉を生かすこと。気持ちを出すこと。

 こうやって子供達の歌声を聞いていただき、足りない点のアドバイスをしていただくことは、子供達にとっても、指導者にとっても勉強になります。

 一つ一つが自分や子ども達の財産となっていきます。幸せです。こういう勉強会の機会を持たせていただき、本当に感謝です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校