So-net無料ブログ作成

通勤ランが教えてくれたこと [幸せに生きる]

 通勤ラン、調子がいいです。
 東京マラソンという目標があるせいか、マンネリ感もなくなり、走るのが楽しみでもあります。
 17日現在、260kmを走っています。既に、今まで月間に走っていた距離を走りきってしまいました。

 朝、5時30分にスタートし、空が白み始める頃に職場に着きます。

 帰りは、50分のラン。峠越えの登りのコースです。これも効果があります。
 帰ってからのお風呂の気持ちいいこと。
 食事に気を使い、毎日ストレッチをしているせいか、疲れもあまりありません。

 正直、ここ数年、限界に来たと思っていました。しかし、通勤ランによって、その気持ちは薄れてきました。毎日、これだけの距離を走りきっていることが、自分に自信を与えてくれます。

 ここ数日思うことがあります。それは、「気持ちって大きいな」ということです。自分で自分の限界を作ってしまっていたんだなあと思います。走ることを通して、そのことを強く感じます。

 これは他のことでもあるかもしれません。自分で自分の限界を作っていることって。
 通勤ランは、そんなことを教えてくれました。

年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うときに始めて老いがくる。サミュエル・ウルマン(実業家)

青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて、日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである。 松下幸之助(松下電器産業創業者)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校