So-net無料ブログ作成

一日は一生の縮図なり [名言]

「一日は一生の縮図なり」森信三

 今日はしんどいなあと思うときにいつも思い浮かべるのが、この言葉です。
日によって、調子のいい日もあれば、悪い日もあります。
 でも、一日を一生の縮図と考えれば、この状態でベストのことをやろうという気になります。

 朝は、誕生を意味し、夜、寝る時は死を意味します。寝る時に、いい一日だったなあと思えるかどうか。それを目的に一日をすごそうという気持ちになります。
 一生は、一日一日の積み重ねです。きっとそういう日々を積み重ねていけば、本当に死ぬときも、ああいい一生だったなあと思えるだろうと思うのです。

 朝、調子のいい時があります。そんな時は、「五体満足な体や才能を持って生まれた」と考えることにしています。その状態で、どこまで自分を生かせるか。

 調子の悪い時は、「そんな障害を持って生まれた」と考えることにします。その状態を嘆くのではなく、その状態を認め、その状態でどこまで自分を行かせるかと考えるのです。

 その時その時の自分を認め、自分をどこまで生かして生きていけるか。それが幸福な人生につながると思っています。
 寝不足で体調が今一つの今日、そんなことを考えて走っていました。

「一日は一生の縮図なり」
これは、一日を有意義に過ごすための、とても良い言葉だと思います。

〈幸せに向けて2012年1月13日(金)の記録〉
1.朝、茶碗を洗う・・・〇
2.ランニングをする・・・〇
3.小魚を食べる・・・×
4.ストレッチをする・・・〇


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校