So-net無料ブログ作成

校長先生の合唱指導から学んだこと!ミラクルな音とりの方法 [合唱]

 冬休みが始まりました。合唱団は、アンサンブルコンテストの練習が、今日から本格的に始まりました。難航していた曲も決まりました。(曲は内緒です)
 今年は、やる気のある子供達を募り、選抜隊を作って挑戦することにしました。10名の子供達が集まりました。
 
 今年は、校長先生に全面的に指導をお願いすることにしました。
 校長先生は今年度で最後です。校長先生の思いきったご指導で子供達をう~んと伸ばしてほしい。更に校長先生のご指導を学びたい!!この二つの気持ちでお願いしました。校長先生、快くOKしてくださいました。本当に感謝です。

 今日はその初日。本当に勉強になりました。その勉強になったことを記録していきたいと思います。

合唱指導には大きく二つの方法があります。

1.パートごとに指導し、合わせていく方法。
2.初めから少しずつ部分ごとに仕上げ、最後までいく方法。

 今回は2番目の方法で行くことになりました。

 アンサンブルの曲は、最大5部まで分かれます。どうやって指導されていくんだろうと思っていたら、なんとミラクルな方法。あるものを使って、同時にパートごとに練習するのです。これなら、符読みと音とりが同時にできます。なんだと思いますか。

 鍵盤ハーモニカです。

 楽譜を渡し、パートごとに分かれ、指定した部分まで、鍵盤ハーモニカで練習するのです。これなら、必ず譜面を読むことになるし、音も確認できます。更にずっと吹き続けるわけですから、ブレスの練習にもなります。
 そういえば、多治見少年少女合唱団も、鍵盤ハーモニカを使って練習しているって、以前教えていただきました。24声もある曲を鍵盤ハーモニカでマスターしてるんですよね。(団員のさゆりさん、ありがとう!)

 校長先生は40分間練習するようにと指示を出しました。

 しかし、その間に中間チェックを2回されました。ただ40分させるよりも、中間チェックをする方が、だれなくていいということです。この辺もすごいなあと思いました。

 さあ、40分経過しました。

最初はピアニカだけで音合わせをしました。
次に各パート一人がピアニカ、残りが歌を歌って合わせました。
ピアニカの子を交代し、これを繰り返します。
最後に、全員歌を歌いました。

 すると、今日の部分の音とりができてしまいました。なんというミラクルな方法でしょう。この方法は使えます。

 鍵盤ハーモニカは、息と音とが関係していますので、伸ばす部分や強弱もこれで練習できます。改めて、鍵盤ハーモニカのすばらしさを確認しました。

 その後、スラーの表現ができるような練習をしました。photo.jpg

 今回の曲は長いスラーが多用されています。その間は息継ぎをせず、なめらかに一つのかたまりとして歌っていく必要があるそうです。そのスラーの表現をつけるのにどんな方法をつかったと思いますか?

 母音唱です。

 全部アイウエオの母音で歌わせるという方法。これなら滑らかに歌う練習になります。
 母音唱で歌い、その後、歌詞で歌うと、子供達の歌、みるみる変わって行きました。

 校長先生のお陰で、スラーの意味がとてもよくわかりました。 
 今日はスラーのみに着目し、どんどん表現をつけていきました。そして今日の目標とする部分まで、ある程度歌えるようになりました。子供達も達成感があるでしょう。

 こんなに身近な所で、すごい指導法を見られる自分は幸せです。これからも学んだことを吸収し自分のものにするために、どんどんアップしていきます。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校