So-net無料ブログ作成

アンサンブルコンテストの曲に悩んでいる方のために [合唱]

 ヴォーカルアンサンブルコンテストというのがあります。
少人数で歌う合唱のコンテストです。わが県の場合は、2~8名のAグループと9~16名のBグループがあります。

  僕たち合唱団は2年前から出始めました。その時は、小学生の部はなく、一般の部に出ました。たしか歌った曲は、「わたしが呼吸するとき」と「わたしはリンゴ」でした。特に2曲目の「わたしはリンゴ」では、手をつないで振り付けをし、会場全体に手拍子が鳴り響き、大盛り上がりでおわりました。今から考えると、こわいもの知らずだったからできたことです。画期的なことではなかったかな。

 その後、小学生の部ができました。主催者側のご配慮だと思います。本当に心から感謝しています。

 さて、今年もこのコンテストに出ようと思っています。
 今回は選抜隊を作って挑戦しようと思っています。中には「全国に行きたい!!」という子もいます。

 その選曲、悩みに悩んで二転三転しております。
 最初は、ある所で聞いた「ほったろこい」という歌声が耳について離れず、楽譜も購入し、校長先生に、これでいきたいです。と言いました。

 校長先生、楽譜を見たとたん、「これはたいへんだぞ」と押し留められました。

 ソアーベの女先生にも相談しました。
賞なんか考えず、楽しさを大切にした方がよい、というアドバイスをいただきました。
 そして、「シューベルトの子守歌」がいいんじゃないですかって言われました。

 いろいろと悩んでいても曲を決めなくてはいけません。出たい子供達の歌声を聞いて、曲を決めることにしました。

 先日、やりたい子を聞いてみると、10名いました。歌わせてみると、声は薄いもののハーモニーはしっかりしています。迫力系は不利です。ですから美しい系?の曲を選ぶことにしました。

 さて、合唱情報に疎い僕です。アンサンブルコンテストでどんな歌が歌われているのか、見当もつきません。そんな思いでネットを検索してみると・・・

 ありました。アンサンブルコンテストで歌われている曲のリストが。さらにそこには音源までついているではありませんか。
 以下のサイトです。
こども音楽コンクール楽曲配信2011  

 このコンクールには、昨年度僕たちも出ました。このコンクールには重唱部門というのがあり、これがアンサンブルコンテストにあたります。

 まだアップされてない地域もありましたが、東日本Aブロック 小学校 重唱部門が充実していました。
 一曲一曲聴いてみました。
いいなあと思ったのは以下の曲です。

エーデルワイス
狩人の歌
山男のヨーデル
おんがく

 特に「おんがく」は、Nコンの常連校、横浜市立中沢小学校ではありませんか。この歌が、うちの合唱団の声質に一番あっているのではないかと思いました。

 ネットで検索すると、
「木下牧子アカペラコーラスセレクション 女声合唱のための」という楽譜集のなかの曲だとわかりました。まどみちおさん作詞です。

木下牧子アカペラコーラスセレクション 女声合唱のための

木下牧子アカペラコーラスセレクション 女声合唱のための

  • 作者: 木下 牧子
  • 出版社/メーカー: 音友
  • 発売日: 2007/07/01
  • メディア: 楽譜


 21日に届く予定です。
 あとは楽譜を見て、判断です。

 僕のような合唱初心者で、アンサンブルに出ようと思ってらっしゃる方の参考になるのではないかと思い、書いてみました。

 なお、2010年度の演奏楽曲も配信されています。

 烏かねもん勘三郎以外は、聞いたこともない曲ばかりです。でも、超レベルが高いです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校