So-net無料ブログ作成

調子が良い日もあれば、悪い日もあります [幸せに生きる]

 人生、良い時もあれば、悪い時もあります。
問題は悪い時にどう過ごすか。その時に、自分の真価が問われます。

 日々の生活も同じです。調子が良い日もあれば、悪い日もあります。
調子が良い日は、放っておいても、良い方に回ってくれます。(調子に乗りすぎはよくありませんが・・・)
 問題は調子の良くない日です。
 なんとなく気分がすぐれない日。人間だからありますよね。
 そんな時、どう過ごすか・・・

 気分に振り回されるのではなく、自分のできることをやることが大切だと思います。

「自分にコントロールできることと、できないことをまず分ける。
  そしてコントロールできないことには関心を持たないようにする」
「正しく悩む技術」杉田 隆史、実務教育出版

 調子の良くないときでも、声を出すこと。プラスの言葉を口にだして言うことぐらいはできます。雨がやんで、雲間からお日様が見えるように、そのうち、気分が好転していくことも、時にはあります。
 笑顔を作ること。これもできます。そのうち、楽しい気分になってくるときが時にはあります。
 言動や笑顔はコントロールできることです。ひたすらコントロールできることを意識して実行してみます。

 それでもダメなときがあります。そんな時は、そんな自分を認めてあげましょう。
 そうかそうか・・・って。
 
 だって、自分が自分の一番の応援団なんですから。
 自分が自分を責めてはいけません。

 今は、そんな気分を味わうことが必要な時なのかもしれません。きっと、自分の中で何かが変化しているときですよ。だって、過去を振り返ると、しんどいときのあとって、すごい成長がありましたから。

 日々、良いときもあれば、悪い時もあります。
 でも、それに振り回されず、自分にできることをやっていきましょう。

 そして、それでもうまく行かなかったら、早く寝て、自分を休めてあげましょう。ココロはコロコロと変わります。コロコロ寝ることで、コロコロと新しい気分が生まれますよ。

  今日は、自分に向けて書いた文章でした。誰かのお役にたてばうれしいです。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校